フェアトレード・有機認証香辛料の取組み

フェアトレード・有機認証香辛料の取組み

主要香辛料について、2030年を目標として安全・人権・環境・コンプライアンスに配慮した持続可能な調達を目指します。また、フェアトレード・有機認証香辛料の調達や契約栽培の拡大も引き続き進めていきます。

2019年度についてはサプライヤーの約40%に対して購買基本方針の5項目に基づいた書面による予備的な調査を実施しました。

今後は調査結果に対するフォローアップ、現地監査などを通じて、サプライヤーと協働して「持続可能な調達」の取組みを進めていきます。

主要香辛料:こしょう・唐辛子・マスタード・パセリ・ローレル・オレガノ・わさび

フェアトレードの取組み

エスビー食品は、輸入者、販売業者として国際フェアトレード認証を取得し、2009年から「有機スパイス」シリーズの一部に認証付きの商品を展開しています。

フェアトレードとは?

フェアトレード=「公平・公正な貿易」。
つまり、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、開発途上国の生産者・労働者の生活改善と自立を促し、経済格差をなくす「貿易のしくみ」のことです。

国際フェアトレード認証

国際フェアトレード認証

目的 開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、開発途上国の生産者・労働者の生活改善と自立を促し、経済格差をなくす「貿易のしくみ」を国際社会の中で構築する
認証主体 国際フェアトレードラベル機構
主要ルール ・適正な価格による継続した取引が保証されていること
・生産者、労働者の労働環境が保証されていること

エスビー食品は、市場より高い価格での購入を保証するとともに、原料の購入数量に応じて、生産者組合に直接フェアトレード・プレミアム(奨励金)を支払います。奨励金は各生産者グループに分配され、グループごとに話し合いで用途を決定します。
これらは農機具や子どもの教材、共同の水タンクの設置など生活向上のために使われています。

フェアトレード解説図

有機認証香辛料の取組み

エスビー食品は、農薬や化学肥料などの化学物質を使用せず、自然の力で栽培された安全・安心、かつ品質にこだわりのあるスパイスを使用した「オーガニックスパイス」シリーズをお客様にお届けしています。

有機栽培は、生産地の土壌や水、生態系への負荷が少ない農法です。有機栽培を推進するお取引先様との信頼関係に基づいた調達を継続して行うことにより、持続可能な産地の保全に貢献します。

2005年に「有機スパイス」シリーズを発売しました。売上の一部はWWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)に寄付されており、自然保護活動への貢献の一助となっています。

オーガニックとは?

国際的に有機(オーガニック)農業の推進活動を行っているIFOAM(国際有機農業運動連盟)は、有機農業の原則として以下の4つを掲げています。

健康の原理 有機農業は、土・植物・動物・人・そして地球の健康を個々別々に分けては考えられない素認識し、これを維持し、助長すべきである。
生態的原理 有機農業は、生態系とその循環に基づくものであり、それらと共に働き、学び合い、それらの維持を助けるものであるべきである。
公正の原理 有機農業は、共有環境と生存の機会に関して、公平さを確かなものとする相互関係を構築すべきである。
配慮の原理 有機農業は、現世代と次世代の健康・幸福・環境を守るため、予防的かつ責任ある方法で管理されるべきである。
有機JAS認証

有機JAS認証

目的 農林水産省が定めた有機JAS規格に基づいて有機栽培されたものであることを保証し、消費者にも有機栽培に基づいた商品であることを明示する
認証主体 農林水産省が認めた登録認証機関
主要ルール ・2年以上農薬、化学肥料を使用しない畑で栽培された農産物であること
・認証がなければ「有機」「オーガニック」と表示できない

持続可能な調達に関するコミットメント