コンプライアンス/リスクマネジメント

コンプライアンスの徹底

エスビー食品では、社員が遵守すべき健全かつ倫理的な行動を「社員行動基準」において明確に定めています。これにより、社員一人ひとりにコンプライアンスの徹底を図り、組織の自浄能力を高めることで、社会から信頼される企業であり続けることを目指しています。

エスビー食品グループ全体としてコンプライアンス意識の向上を図るために、部門横断的な組織として設置された「コンプライアンス部会」が主体となり、「社員行動基準」にも定められている公正、透明かつ適切な取引の実施、人権と多様性の尊重などのさまざまなテーマについて入社時研修やポスターの掲示、社員向けe-ラーニングなどにより啓発活動を実施しています。また、社員からの通報・相談・質問を受け付ける仕組みとして「S&Bホットライン」を設置し、万が一、不正行為が生じた場合には、早期の把握と是正、ならびに通報者の保護を図っています。

情報の適切な取り扱い

情報の開示と保護、そして社内における情報資産の有効活用を目的として、「会社情報取扱規程」をはじめとする各種社内規程を制定しています。

また、個人情報保護方針やソーシャルメディアポリシーを策定するなど、情報を適切に取り扱うためのルールと仕組みを整備しています。これらの規程やルールは社員教育により周知徹底を図り、情報セキュリティの確保に努めています。

リスクに対する取組み

エスビー食品では、社会的責任を果たすため、企業活動を取り巻くさまざまなリスクに備えた体制を整備しています。
エスビー食品の経営に重大な影響を及ぼすおそれのあるリスクの回避、または軽減を図るため、「リスクマネジメント基本規程」や各種マニュアルを制定・作成しています。

部門横断的な対応が求められるリスクに関しては、リスクの種類に応じて設置された専門部会が、それぞれ主体的にリスク対策を構築しています。
また、専門部会を統括する「リスクマネジメント委員会」は、適宜各部会からの報告を受けるとともに、取締役会への定期的な報告などによりリスクマネジメント体制の適切な運営や強化に努めています。
専門部会は、リスクの発生を想定した訓練や社員向けのe-ラーニングを定期的に実施するなど、不測の事態が発生した時に、迅速かつ適切に対応できるよう、平時からの備えを充実させています。

リスクマネジメント体制図

主要なリスク

エスビー食品は、「市場環境の変化」、「原材料の調達」、「食の安全性の問題」、「法的規制等」、「海外での事業展開」、「情報及び情報システム」、「レピュテーション」、「自然災害等」、「パンデミック」、「人材流出」、「社会・環境への責任」などを主要リスクとして認識し、対応しています。

詳細は、2020年度有価証券報告書の「事業等のリスク」をご参照ください。

2020年度 有価証券報告書PDFファイルを開きます