人権方針

エスビー食品グループ(以下当社グループ)では、日々の活動の拠りどころとして、以下の理念とビジョンを掲げています。

企業理念

「食卓に、自然としあわせを。」

「食卓に、自然としあわせを。」

ビジョン

「地の恵み スパイス&ハーブ」の可能性を追求し、おいしく、健やかで、明るい未来をカタチにします。

「地の恵み スパイス&ハーブ」の可能性を追求し、おいしく、健やかで、明るい未来をカタチにします。

この理念とビジョンのもと、従業員一人ひとりが同じ方向に向かって活動していくことで、組織力を高め、持続可能な企業と社会の実現を目指して実践してまいります。

当社グループは、事業活動が直接または間接的に人権に影響を及ぼす可能性があることを認識し、当該事業に関わる全ての人々の人権を尊重すべく「エスビー食品グループ人権方針」(以下、本方針)を定め、人権尊重への取組に努めてまいります。

1.基本的な考え方

当社グループは、国連が策定した「ビジネスと人権に関する指導原則」に則るとともに、「国際人権章典」(世界人権宣言と国際人権規約)、ILO中核的労働基準(労働における基本的原則および権利に関するILO宣言)など人権に関する国際的な規範を尊重します。

2.人権課題への対応

当社グループは、人権デュ―・デリジェンスの仕組みを構築し、事業が与えうる人権への負の影響を防止・軽減することに努めます。

  • 事業活動で関わる全ての国・地域における法令を遵守します。もし国際的に認められた人権と各国の法令に矛盾がある場合には、国際的な人権原則を最大限に尊重する方法を追求します。
  • 本方針を実行する過程において、関連するステークホルダーとの対話と協議を通じて、人権尊重の取組の向上を図ります。
  • 本方針が当社グループ全体において効果的に実行されるように、適切な教育・研修を行います。
  • 人権尊重の取組について、ウェブサイトや発行物などを通じて適切な情報開示を行います。
  • 当社グループの事業活動が人権への負の影響を引き起こした、または助長したことが明らかになった場合には、適切な救済措置を講じて是正に努めます。

3.適用範囲

本方針は、当社グループの役員並びにすべての従業員に適用します。
また、当社グループと取引のある世界中のサプライヤーやビジネスパートナーに対しても、本方針を支持し、人権の尊重に努めていただくように働きかけていきます。

エスビー食品グループ(当社グループ)とは、エスビー食品株式会社とその関係会社(子会社および関連会社)です。

2021年10月 制定
エスビー食品株式会社
代表取締役社長
小形博行