ターメリックの利用法

Q家にターメリックがありますが、カレー以外の使い道を教えて下さい。

A

ターメリックは、カレー粉の香りと色の原料として欠かせないスパイスです。
ターメリックの鮮やかな黄色が食欲を引き立ててくれます。
魚・米・牛肉・鶏肉・野菜などの素材との相性が良く、炒め物やフライ、スープなどさまざまな料理の色づけに活躍します。
日本でも、たくあん漬けの色付けなどで親しまれています。

植物の根の部分を使ったスパイスの為、土のような独特な香りがありますが、火を通していただくことで、気にならなくなります。
また、ターメリックの色素成分クルクミンは油に溶ける性質を持っているので、油やバターなどを上手に使って、鮮やかな黄色を楽しんで下さい。

おすすめの使い方として、手軽なものをいくつかご紹介させていただきますので色々とご活用していただければと思います。

ターメリックライス(米3合分)

カレーの時のごはんや、洋食の付け合せのごはんとして大人気!黄色いライスはいかがでしょうか。
米3合をといで炊飯器に通常の水加減でセットして20分以上おき、炊く直前にターメリック(パウダー)小さじ1/2を加え、全体を軽くかき混ぜてから炊きます。
ターメリックの量は、色の濃さや風味のお好みで加減して下さい(米3合に対し小さじ1/4~1程度)。
味のあるごはんにしたい場合は、溶くときにバター(米3合に20g)またはオリーブオイル(米3合に大さじ1)・塩・こしょうを加えてから炊飯して下さい。

ターメリックミルク

梅雨寒の時期を迎えますが、こんなホットドリンクもおすすめです。ほんのり黄色く色づいた甘くやさしい味は、お子様にも喜んでいただけそうです。
あたためた牛乳カップ1杯に2~3振りのターメリック、お好みの量の蜂蜜を加えて混ぜます。

なすのターメリック焼き(1~2人前)

お酒のおつまみにもピッタリ!シンプルながら、ターメリックのコクが活きた簡単レシピです。

  1. 1長なす1本を斜め輪切りにし、水にさらしてアクを抜き、水気を除いておきます。
  2. 2フライパンにサラダ油大さじ1・1/2を入れて熱し、いったん火を止めてターメリック(パウダー)小さじ1/2、塩小さじ1/4を加えて油となじませてから、1を並べ入れます。
  3. 3中火でなすの両面をじっくりと焼いたら出来上がり。

もう少し詳しく

そのほか、から揚げや天ぷらの衣に混ぜていただくと、鮮やかな色と香りがお楽しみいただけます。(揚げ油全体に色が移りますのでご注意下さい)

また、ターメリックはクミンシードと合わせて使うと、香りの相乗効果で、料理の風味がグンと良くなりますので、宜しければお試し下さい。
以下、弊社ホームページよりご紹介致します。

これからの季節にさっぱりとしたピクルスやデザートもおすすめです。

是非色々お試しいただけたらと思います。

スパイス&ハーブサポートデスク

スパイス&ハーブサポートデスクでは、スパイス・ハーブの使い方や楽しみ方に関するご相談をお受けいたします。
皆様から寄せられたご質問は、後日メールにてご回答いたします。

お客様相談センター

商品の中身について、アレルギーや販売店について等のお問い合わせは、お客様相談センターまでご連絡下さい。