お客様相談センターたより

違うものです!「ナツメ」と「ナツメッグ」のお話

ナツメとナツメッグ
はい!エスビー食品お客様相談センターです。
植物の名前は、似たものがたくさんありますよね。『ナツメ』と『ナツメッグ』もその中の一つです。

先日、お客様から「ナツメとナツメッグは違いますか?チキンスープを作ろうと思って材料にナツメって書いてあったので、お店に行ったらナツメッグがあったから同じかなと思って買いました。」とお問い合わせをいただきました。
ナツメは『参鶏湯(サムゲタン)』にも使われる赤い果実です。甘みがあり、ドライフルーツとして見かけることもありますが、エスビー食品では販売していません。
ナツメッグは【Nutmeg】の表記から『ナツメグ』とも呼ばれます。やや甘くスパイシーな香りがするので、ひき肉料理や焼き菓子などによく使われ、パウダーにしたり、専用ミルなどで実を削って使うスパイスです。
お客様には「名前は似ておりますが、中身は違うものです。」とお伝えし、それぞれの違いやナツメッグの使い方をご案内させていただきました。

また、ナツメッグと同じ木から採れる香辛料として『メース』もあります。
ナツメッグは種子ですが、メースはその種子を包んでいる皮の部分です。
使い方はナツメッグと同様で、香りも似ていますが、メースの方がより繊細でやわらかい香りがします。

商品について、わからないことがあればご連絡ください。
皆様の疑問にお答えします。

ナツメッグについて詳しくはこちら

メースについて詳しくはこちら

(2021/5/25 香辛料)

バックナンバー