ロングペッパー/Long pepper

ピリッとする辛みが特徴

科名 コショウ科
原産地 南アジア
利用部位 果実
別名 ナガコショウ、ひはつ、フィファチ、ピパーチ、ヒバーツなど

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

こしょうと同じ辛み成分ピペリンを含み、ピリッとした辛みがありますが、香りはこしょうとは異なり、ほのかに甘く爽快な香りです。

語源・別名

ナガコショウ、ひはつ、フィファチ、ピパーチ、ヒバーツなど

エピソード

古い歴史をもつスパイス

こしょうの語源と言われるサンスクリット語「ピッパリー」は、こしょうではなく、このロングペッパーを指す語だとされています。
古代ギリシャ時代にはすでにヨーロッパに伝わっていたようで、こしょうに比べて高価なスパイスでした。

適した料理

カレー、沖縄そば、コーヒーなど

アジア地域で、肉料理やカレーに使われます。また、モロッコのミックススパイス「ラセラヌー」にもよく使われます。
日本では、沖縄本島や宮古・八重山諸島で、古くから栽培・自生し、豚肉料理や沖縄そばの薬味として利用されています。肉や野菜の炒め物に使えば、いつもと趣の異なる爽やかな風味が楽しめます。

    関連商品はこちら