ピンクペッパー/Pink pepper

鮮やかな色で料理の色どりに。

科名 ウルシ科
原産地 諸説あり(北ヨーロッパ、南米)
利用部位 果実
別名 ポァプルローゼ

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

ピンクペッパーと呼ばれるスパイスはいくつかありますが、ウルシ科のコショウボクという植物の果実を乾燥させたものが一般的です。美しいピンク色が特徴で、こしょうのような辛みはなく、すっとした香味があります。セイヨウナナカマドというバラ科の植物の実がピンクペッパーとして扱われていることもあります。

語源・別名

コショウボク、ポワブルロゼ

エピソード

料理や暮らしに鮮やかな彩りを添えるスパイス

ピンクペッパーは食用だけではなく、その美しい色合いの実がフラワーアレンジメントやクラフトにも活躍します。(ただし、クラフト用に販売されているピンクペッパーを食用にするのは避けましょう。)

適した料理

カルパッチョやサラダ、肉や魚のソテーなど

あらゆる料理やデザートのトッピングに使われます。

    関連商品はこちら