カフェライムリーフ/Kaffir lime leaf

東南アジア料理で活躍。

科名 ミカン科
原産地 熱帯アジア
利用部位
別名 バイマックルー

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

2枚の葉が連なったような独特の葉の形のハーブで、柑橘系の強い芳香をもっています。

形状

ミカン科の植物で、その木は2~10mほどに生長します。葉は、2枚連なったような独特の形が特徴です。

語源・別名

こぶみかんの葉、バイマックルー

エピソード

果皮も使われるハーブ

酸味や苦味を持つ果実の果皮には強い香りがあり、こちらも料理に使われます。

適した料理

タイカレー、トムヤムクンなどに。

東南アジア料理(特にタイやカンボジア)で、カレーやスープ、鶏・魚料理などの風味づけによく使われます。使用の際には、そのまま料理に加えたり、かたい筋をとって刻んで加えたりします。

    関連商品はこちら