Pick Up! スパイス&ハーブを使いこなそう!ミニ講座&おすすめレシピ

ご案内スパイス&ハーブマスター遠藤由美

ってどんなスパイス?

最近人気の「しびれる辛さ」と言えば、山椒(さんしょう)と花椒(ホァジョー)ですね。
ピリっとした、刺激的でしびれる辛さと、さわやかな香りが特徴です。

花椒(ホァジョー)は中国料理に使われる山椒の仲間です。
中国で麻(マー)は花椒のしびれるような辛さを指す言葉として使われています。代表料理として麻婆豆腐があります。しびれる辛さを楽しむマー活という言葉も流行していますね。
塩を混ぜたシーズニングの花椒塩、中国を代表するミックススパイス五香粉などにも利用されています。

また、「山椒は小粒でピリリと辛い」と言われてきたように、同じくしびれる辛さの山椒も人気です。
うなぎの蒲焼だけではもったいない!
味噌や醤油との相性が良いので、味噌汁や味噌炒め、照り焼きなどにも活用できます。

利用部位
別名

スパイス&ハーブ事典を見る

商品画像は掲載当時のものであり商品リニューアルによって変更になる場合があります。

使いこなしポイント!しびれる料理には、ホールとパウダーを自由に使ってみよう!

ホールは油で炒めたり、鍋物や煮込みに

ホールタイプのスパイスは、料理の最初に油に香りを移したり、長時間加熱したりする調理に向いています。
高温の油に香りを移しても焦げにくく、煮込み料理や鍋物など長時間加熱しても香りが残りやすいためです。
粒がそのままの形で残りますので、料理の見た目にもインパクトがありますね。

パウダーは料理の仕上げに香りを添えたり、タレ作りに

パウダータイプのスパイスは、料理の仕上げに香りをプラスしたり、タレ作りなどに向いています。
振りかけた際に料理全体にスパイスがふわっと広がるのはパウダーならでは。
また、材料をまぜあわせてタレ作りの際にも全体に香りが付くのが特徴です。
もちろん、市販のタレにひとふりして味を変化させるのも楽しいですね。