RECRUITING
SITE

INTERVIEW #04

家庭用営業担当 2011年入社

NOGAMIKEISUKE 野上 慶祐

「衣食住」ある中で、
一番惹かれた「食」への興味と
仕事のやりがい。

入社のきっかけ

元々「食」に興味があり、縁があってエスビー食品へ。

元々「食」に興味があり、
縁があってエスビー食品へ。

元々「食」に興味がありました。「衣食住」の中でも「食」は「食べないと生きていけない」ですよね。そうした重要性や、「食」に対して子供の頃からずっと触れてきたことがきっかけになったと思います。逆に「食以外」はあまり興味がなかったんです。「食」というキーワードで就活をした時に食品メーカーがヒットして応募してみようと思いました。そのなかで縁があってエスビー食品に入社をしました。
入社してからも、商品を売ってお客様の声を聞いていくことで、自分も更に「食」へ興味を持ちました。

仕事のやりがいについて

辛い時を乗り越えて、売上として返ってきた時、喜びに変わる。

辛い時を乗り越えて、
売上として返ってきた時、
喜びに変わる。

入社して一番驚いたことが「1⇨10」というか「0⇨100」までの範囲の業務を行うことです。「ここまでやるのか」と驚いたことが多くありました。
営業はお得意先様に提案するだけだと思っていたのが、実際にはお店に行って商品を並べて売り場を作ることも数多くあります。
また、お得意先様へ商品の提案を行った際にひとつもハマらなかったこともありました。そういった時は非常に辛かったですが、そこで食らいつくとお得意先様が必ず応えてくださいました。その結果、多くのお得意先様から1~2年後売上として返していただいたように思います。
辛い事もありましたが、自分の頑張りを最終的に売上や成績として返していただいたことが嬉しかったですね。

野上さんにとってエスビー食品とは

「人のつながり」を大事にしている会社。

「人のつながり」を大事にしている会社。

初めての部署で先輩・上司に基礎から仕事を教わりました。
最初に基礎を教えていただいたのがありがたかったですね。良い環境で育てていただいたと思います。それから、この人とはプライベートでもお付き合いしたいという人が多かったです。だからこそ、平日は仕事をして、週末は遊んで、と共に過ごす時間が長かったんだと思います。その方々とは今もつながっています。

働く上で大切にしていること

一緒に働いている人たちのために何ができるか。

一緒に働いている人たちのために
何ができるか。

仕事は「一緒に働いている人たちのために何ができるか」だと思います。人と人とのつながりもありますし、人と商品のつながりもありますので、結局は「人」なんです。
仕事は一緒に働いている人のために頑張りたいとかチームとして向上するために何ができるかということが大切なんだと思っています。今までのエスビー食品にはいなかったような方に入社していただき、私たち自身が新しいものを勉強していくことでより成長できると感じます。そのため、変化を恐れず精進していきたいと思います。

MY ESSENTIAL仕事に欠かせないアイテム

オメガのスピードマスターの腕時計

義兄から贈られた、
オメガのスピードマスターの腕時計。

考えたんですけど、携帯(スマホ)しか思いつかなかったです。昔は、ここ(スーツの懐)に手帳を入れてメモしていて欠かせなかったんですが、今や全部スマホで出来る。スマホは、メールは多い時だと1日30通くらいですかね。あとは、パソコンと同期されているんで、スマホでメールチェックや返信だけでなく、エクセルも見れますし、Teamsなどの社内向けツールもほぼ利用できるようになりました。スマホでほとんどのことができるので、それがなくなったら仕事できないですね。
とはいえ、「スマホが必需品」だなんて言っても面白くないと思って(笑)、時計を着けてきました。
義兄からのプレゼントで、オメガのスピードマスターというシリーズになります。東京に転勤した時にいただき、それからずっと着けています。「東京に行くんだから、頑張れよ」と励まされ思い出に残っています。見るたびにこれからも大事にしよう、頑張ろうと思います。

BACK TO TOP

求む、
欲張りな人。

NEW GRADUATE新卒採用

MID CAREERキャリア採用

DISABILITIES障がい者採用