イースターの食卓を彩るメニュー♪

イースターの食卓を彩るメニュー♪

ここ数年で、日本でも少しずつ定着しつつあるイースター。
キリスト教徒は、クリスマスと同じように家族でごちそうを食べてお祝いするそうです。
復活祭でおなじみなのが、イースターエッグ(卵)、バニー(うさぎ)、そしてラム(子羊)。
キリスト教において、”卵”は、生命の誕生を意味する重要なもの、”うさぎ”は、たくさん子どもを産むことから豊かな生命の象徴、”子羊”は、その性格、姿から平和を好み、忍耐や潔白純粋のシンボルとされています。

今年のイースターは、4月16日の日曜日。
気の置けないお友達やご家族みんなで、スパイス&ハーブを使った卵料理やラム肉料理でイースターの食卓を囲みませんか?
卵を使った料理は見た目にも明るく、食卓を色鮮やかにしてくれます。例えば、ゆで卵で作ったうさぎをトッピングしたカレーは、子どもも大人もワクワクしてしまう見た目でイースターの食卓にもぴったり!
ラム肉料理は特別感があり、一気に食卓が豪華に盛り上がりますね。はちみつの甘さが加わったハニーマスタードや、爽やかなミントソースをかけると、食べやすくおすすめですよ。
ぜひ、彩り豊かなメニューで楽しいイースターをお過ごしください!

特集一覧へ