用意する6つのスパイス

主に香りをつける

クミン クミン

カレーを思わせるエスニックな香りのスパイス。ホールはスタータースパイスとしても。

コリアンダー コリアンダー

甘く爽やかでほのかにスパイシーな香りのスパイス。葉は香菜(パクチー)。

カルダモン カルダモン

甘く爽やかな香りのスパイス。
「香りの王様」と呼ばれ、
カレーやチャイなどで大活躍。

オールスパイス オールスパイス

クローブ、ナツメッグ、シナモンを合わせたような奥行きのある香りのスパイス。多くの素材と相性がよい。

主に色をつける

ターメリック ターメリック

カレーには欠かせない鮮やかな黄色が特徴のスパイス。全体をまとめる厚みのある風味。

主に辛みをつける

チリペッパー チリペッパー

ヒリヒリする辛みが特徴のスパイス。世界中にさまざまな品種が存在。

○鶏肉や野菜、豆などに合わせて、マイルドな香りに仕上げるなら
   ‥‥‥‥‥‥ クミンやコリアンダーを多めに

○豚肉や牛肉など、クセの強い肉には
   ‥‥‥‥‥‥ オールスパイスを多めに

○辛みを強くしたいなら
   ‥‥‥‥‥‥ チリーペッパーを多めに

肉を使ったカレー肉を使ったカレー肉を使ったカレー

簡単バターチキンカレー

簡単バターチキンカレーの作り方

クリーミーな甘さで人気のバターチキンカレー。
鶏肉をヨーグルト、クミン、
コリアンダーでマリネすることで、
鶏肉をやわらかスパイシーに仕上げます。

スパイシーチキンカレー

スパイシーチキンカレーの作り方

定番のチキンカレー。
甘く爽やかな香りのカルダモンが、
淡白な鶏肉の風味をひきたてます。

豚バラ肉とキノコのカレー

豚バラ肉とキノコのカレーの作り方

厚切りの豚バラ肉を豪快に味わうカレー。
独特の臭みがある豚肉の下ごしらえに、
臭みを抑えてくれる
オールスパイスが大活躍!

角切りビーフカレー

角切りビーフカレーの作り方

牛角切り肉を味わうちょっと豪華なカレー。
牛肉に赤ワインと一緒に
オールスパイスをもみ込み、
深みのある大人の風味に♪

香り立つキーマカレー

香り立つキーマカレーの作り方

お弁当でも人気のキーマカレー。
クミン、コリアンダーを
多くブレンドすることで、
野菜とひき肉のおいしさを引き立てます。

魚介類を使ったカレー魚介類を使ったカレー魚介類を使ったカレー

えびのココナッツミルクのカレー

えびのココナッツミルクのカレーの作り方

ココナッツの風味がえびによく合う
エスニック風のカレー。
えびの下味にまぶしたターメリックが
色づけと風味づけのポイントです。

野菜を使ったカレー野菜を使ったカレー野菜を使ったカレー

ジャガイモとホウレンソウのカレー

ジャガイモとホウレンソウのカレーの作り方

ペースト状にしたじゃがいもと
ほうれん草をナンにつけて食べるカレー。
濃厚な口当たりのじゃがいもに、カルダモンを
多めにブレンドすることで清涼感のあるカレーに。

カリフラワーとグリンピースのカレー

カリフラワーとグリンピースのカレーの作り方

シンプルな野菜で作る素朴なカレー。
クミンとコリアンダーが野菜のおいしさを引き立て、
ターメリックが全体をまとめてくれます。
おかずとしても楽しめます。

彩り野菜のスパイシーカレー

彩り野菜のスパイシーカレーの作り方
彩り豊かな野菜を楽しむスパイスカレー。
ズッキーニを炒めるときに
ターメリックを加えることで彩りアップ!
クミン、コリアンダーがトマトのおいしさを引き立ててくれます。

※割合は、計量スプーンで量った「体積比」での目安を表しています。

  クミン コリアンダー カルダモン オールスパイス チリーペッパー ターメリック 食材の下ごしらえに使ったスパイス
簡単バターチキンカレー 32% 32% 12% 6% 6% 12% 鶏肉にクミンとコリアンダー
スパイシーチキンカレー 15% 15% 23% 12% 12% 23%  
豚バラ肉ときのこのカレー 6% 6% 10% 29% 10% 39% 豚肉にオールスパイス
角切りビーフカレー 9% 9% 6% 28% 9% 38% 牛肉にオールスパイス
香り立つキーマカレー 26% 13% 4% 13% 4% 39%  
エビのココナッツミルクカレー 23% 12% 12% 4% 4% 46% エビにターメリック
じゃがいもとほうれん草のカレー 21% 10% 28% 5% 5% 31%  
カリフラワーとグリンピースのカレー 25% 25% 13% 6% 6% 25%  
彩り野菜のスパイシーカレー 33% 17% 8% 8% 8% 25% ズッキーニにターメリック

スパイスのブレンド比率はそれぞれの素材の特徴やスパイスとの相性がポイント!
ご紹介したレシピは、それぞれの素材やメニューに合わせたおすすめのスパイスブレンドで作っていますが、自分でスパイスの配合がしたい方は、それぞれの素材とスパイスの相性を参考にしてみてください。

ブレンドしてカレー粉のように使うだけではなく、ヨーグルトと一緒にマリネしたり、下味として塩、コショーと一緒にまぶすなど、使うタイミングを工夫することもポイントです。 各スパイスの分量だけでなく、使うタイミングによるでき上がりの違いなどもいろいろと試してみると面白いですよ。