1. オンライン展示場
  2. ディナーカレーフレーク

フォン・ド・ボー ディナーカレーフレーク ずっと丁寧に、そして頑固に。「格式ある欧風」を守り続ける。

1980年から守り続けてきた「最高級クオリティ」がここにある。

愛され続ける所以

「ディナーカレーフレーク」の発売は1980年。
当時外食産業が大きく伸び始め、新しいメニューが求められる中、
日本人が愛するカレーという文化に高級フレンチの技法を取り入れ、
これまでのカレーとは一線を画す豊かなコクと旨みに溢れた
「ディナーカレーフレーク」の風味はたちまち人気沸騰。
以来40年を越えて、“欧風カレーの王道”として多くの外食店に
支持されています。

美味しさの決め手
「フォン・ド・ボー」とは

仔牛の肉や骨を焼成したものを、ブイヨン、香味野菜、香辛料とともにじっくり煮込んで作るスープで、日本料理で言えば「だし」にあたります。「ディナーカレーフレーク」は、こだわりのフォン・ド・ボーを贅沢に加え、スパイスやハーブ、果実、野菜、小麦粉、調味料などでバランスよく
味を調えた、溶けやすく扱
いやすいフレークです。

  • 対象:カレールウ・フレークを使用しているぐるなび加盟店156店(2019年6月 ぐるなび調べ)

ディナーカレーフレークで構築する新しいカレーの世界

「ディナーカレーフレーク」で
"基本のソースベース"
バリエーションを作れば、
そこから派生するメニューは、まさに無限と言える。

ディナーカレーフレーク

欧風カレー

バランスの取れたスパイスと"フォン・ド・ボー"などを使用した深いコクと旨みを持つ日本発祥のカレー。

基本のソースベース

自由自在なカレーメニュー

シェフ
佐藤 幸二さん
「ポルトガル料理 クリスチアノ」
東京都渋谷区富ヶ谷

佐藤シェフの料理人としてのスタートはフランス料理から。
その後、海外に渡りイタリア料理、タイ料理、そしてポルトガル料理へと経験の幅を広げた。ポルトガル料理店を営みながら、同時に惣菜と煎餅もんじゃの店、エッグタルトの店、ポークビンダルー専門店など、人気の店を次々に開店させてきた。
氏の枠にとらわれない大胆な発想は、今まで気が付かなかったおいしさを料理にして見せてくれる。

ディナーフレークシリーズ

チキンとブイヨンと
ラードで作った

ディナーカレー
フレークS

フォン・ド・ボーソースの代わりに、チキンブイヨンとラードを使用してコクのある味に仕上げました。

チキンとブイヨンと
ラードで作った

ディナーハヤシ
フレークS

トマトをはじめとする野菜・果実が混ざりあい、深いコクを創り出しています。

ディナー
ビーフシチュー
フレーク

フォン・ド・ボーに調和のとれたスパイス、素材が深い味わいを生み出しています。

ディナーブランドシリーズ

フォン・ド・ボーの深いコクが
詰まったレトルト

ディナーカレーレトルト
ディナーカレーフレーク

※サイズ表示は、高さ×幅×奥行(m/m)です。

*4901002の略

飴色玉ねぎたっぷりのディナーカレーフレーク

※サイズ表示は、高さ×幅×奥行(m/m)です。

*4901002の略

直火焙煎香辛料香るディナーカレーフレーク

※サイズ表示は、高さ×幅×奥行(m/m)です。

*4901002の略

ご相談・お問い合わせ

こちらはプロユース向け(業務用)のお問い合わせとなります。
一般の方はお客様相談センターへお問い合わせください。

プロユース向け(業務用)商品
お問い合わせ事務局

下記リンク先よりお問い合わせください。

各営業所へのお問い合わせ

首都圏広域食材ユニット
〒174-8651 
東京都板橋区宮本町38-8
北海道・東北業務用営業所
〒980-0811 
仙台市青葉区一番町2-10-17 仙台一番町ビル 9F
中日本業務用営業所
〒465-0024 
名古屋市名東区本郷2-180
西日本業務用営業所
〒531-0076 
大阪市北区大淀中1-12-9 サンバードビル21 5F
インダストリアルユニット
〒174-8651 
東京都板橋区宮本町38-8
デイリーフーズユニット
〒174-8651 
東京都板橋区宮本町38-8