S&B PICE HER

カレー粉

日本の国民食といわれるほど愛されているカレーが日本に入ってきたのは、明治の頃。それからおよそ100年の間に、カレーは子どもから大人までも魅了する料理に成長しました。
日本の家庭料理としての代表的な存在になったカレーも、立派な日本の食文化のひとつです。

日本におけるカレーの歴史

・インド生まれのカレーが日本へ
カレー料理はもともとインド料理ですが、1600年にイギリスが英国東インド会社を設立したことに端を発し、イギリス本国へ高級インド料理として伝えられました。
カレー粉は、18世紀末イギリスで生まれ、明治の文明開化の頃、日本へ西洋料理として紹介されました。西洋料理でありながらも、日本人の主食であるごはんと一緒に組み合わせて食べられることも日本で広まっていった理由のひとつと考えられます。

・日本でのカレーの広がり
最初にカレーを食べた日本人として記録されているのは、会津藩白虎隊の一員だった山川健次郎という、当時16歳の少年でした。明治4年に渡米した際、船中食で、カレーライスなるものに接し、ライスのみを食べていたとも言われています。そして翌年の明治5年に出版された「西洋料理指南」にカレーの作り方が紹介されており、200年にもおよぶ鎖国から解放された明治時代は、国をあげて欧米文化を積極的に取り入れていきました。
「Boys be ambitious!」の名言で有名なクラーク博士が、生徒たちの体格の貧弱さを憂えて米飯偏重の食事からパン食・肉食への転換を提唱し「生徒は米飯を食すべからず。但し、ライスカレーはその限りに非ず」として推奨したといわれています。
しかし当時のカレーライスはかなりの高級料理で、ごく一部の人たちの物でした。明治10年頃の銀座風月堂では、当時もりそばが1銭という時代に、その8倍の8銭という金額だったにも関わらずかなりの人気を呼んでいたそうです。明治末期にはライスカレー、カレーうどん、カレーそばが大衆食堂のメニューに登場してきましたが、この頃使われていたカレー粉はイギリスから輸入されたC&B社のものでした。
やがて、国産カレーの誕生へと発展していきます。

・日本独自のカレー文化

大正時代に入り、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを使った日本式カレーが誕生します。この日本式カレーの処方は軍隊食メニューにも採用されていますが、栄養上からも、調理の簡便性の点でも集団給食として適していることが大いに評価されたからであり、カレー普及の一布石として特筆されることです。
国産のカレー粉第一号は大正12年に発売されます。今でこそカレー粉は数十種のスパイスを混合してつくるものだということを知っていますが、当時はまったくわかりませんでした。
カレー粉を国産化しようという志をたてて研究に取り組んだのが、故山崎峯次郎(エスビー食品㈱創業者)です。文字通り試行錯誤を繰り返し、悪戦苦闘の末にようやく誕生しました。それから改良を重ね、家庭向けのカレー粉が昭和5年に発売されました。


【商品画像】カレー粉

カレー粉ができるまで カレー・関連商品のご紹介