印刷する
失敗しないカレー作りのポイント
鍋について
鍋は、焦げにくい、できるだけ厚手のものがおすすめ。フッ素加工などの表面加工があると◎です。
鍋が焦げやすい場合は、炒め用にフライパンがあると、なおよいでしょう。
鍋について
炒めるときは・・・
まず、サラダ油を熱し、肉、野菜を炒めます。
表面に軽く焦げ目がつくまでを目安に、「中火で約5〜10分間」じっくりと炒めましょう。
炒めるときは・・・
水を加えるときは・・・
水の量はおいしさのポイント!
パッケージに書いてある量を、計量カップなどで計って加えましょう!
こんな点に注意!
 
鍋について
水を加えたら、まず強火。沸騰したら火を少し弱めてアクを取り、鍋のふたを少し開けて、弱火~中火で約20分間、コトコト沸騰を続けましょう。
鍋について
こんな点に注意!
炒めるときは・・・
ルウを溶かす時は、いったん火を止めてから!火をつけたまま、熱い鍋にルウを入れると、ルウが溶けにくくなることがあります。必ずいったん火を止めて、ルウを割り入れ、おたまでまぜて、よく溶かしましょう。
炒めるときは・・・
こんな点に注意!
水を加えるときは・・・
仕上げは「とろみがでるまで弱火で約5分」ルウが溶けたら、火をつけ、時々まぜながら、弱火で約5分間煮込み、とろみがついたらでき上がりです。
水を加えるときは・・・
こんな点に注意!
とろみが足りないときは、「とろみが弱くなる原因・とろみをつける方法」を参考にしてください。
 
このウィンドウを閉じる