バジル

 

乾燥方法別活用法

バジル:写真

乾燥方法による香り・色などの特徴を知り、料理の各タイミングで上手に活用しましょう。

バジルシードの活用法

バジル:写真

バジルシードは、水につけるとシードのまわりにゼリー状の膜ができて、プチプチとした食感とつるんとした喉越しが楽しめます。

 

ドライとフレッシュの代替利用について

同じレシピであれば、フレッシュハーブの使用量は、
ドライの場合の3倍量が目安です。
水分が抜けたことでかさが減ったドライハーブは、
フレッシュハーブの体積量に比べて1/3程度で充分なのです。
 
ただし、乾燥によって体積があまり変化しないハーブ
(ローズマリーやタイムなど)は、ドライの場合とほぼ同量か、
少し多いくらいの量にとどめるようにしましょう。

バジルについては、
こちらでも詳しくご紹介しています。

このページの始めに戻る