社会への様々な取組み

山崎香辛料振興財団

創業者・山崎峯次郎は日本で初めて純国産のカレー粉を製造して以来、エスビー食品の事業を通じて、
スパイス・カレーの普及に努め、日本を香辛料の後進国から世界的な水準までに高める上で、貢献をしてきました。

また、その創業者とともに香辛料の普及・研究に邁進してまいりました、山崎春栄は生前から、「会社の発展は人々のお陰であり、
その成果を社会に還元したい」との思いから、基本財産の提供をもって、財団設立の基本的な構想を頭に描いていました。

そのような遺志を受け、山崎春栄の私財を基にして1983年に「香辛料に関する調査研究を行い、
もって食品産業の発展と国民生活の改善向上に寄与する」ことを目的とした財団法人 山崎香辛料振興財団が設立されました。
新しい法人制度の下で、平成23年4月に公益財団法人に移行しました。

事業については

  • 【1】香辛料に関する研究又は調査を行う大学の研究者等に対する助成
  • 【2】香辛料に関する歴史、特徴、用途などの情報収集及び知識の普及
  • 【3】その他財団の目的を達成するために必要な事業
  • の3項目が挙げられています。

この中で核になるのが【1】の事業で、公募→応募の受け付け→選定→助成の過程を経て、助成が行われます。

山崎香辛料振興財団について詳しくは、山崎香辛料振興財団オフィシャルサイトをご覧下さい。

【2】の香辛料に関する研究又は調査を行う大学などの研究機関に対する助成では、既に研究課題は200件を超えるまでにになっています。

これまでに、香辛料の幅広い分野(伝統・文化、効能効果・薬理・生理活性、栽培・育種・バイオ技術、消費動向・社会性など)において
研究論文の報告がなされており、産業・科学・教育などの分野で広く活用されています。 さらにその一部は、日本国内のみならず
海外の科学雑誌にも紹介され、香辛料の最先端の研究として、学術的にも文化的にも非常に高い評価を得ています。
これらの論文は貴重なライブラリーとして当財団に編集・保管されており、閲覧も可能です。

名称 公益財団法人 山崎香辛料振興財団
所在地 〒174-0054 東京都板橋区宮本町38-8
連絡先 TEL 03-3969-7023
設立発起人 山崎 至朗
設立許可 1983年7月27日、設立は同年8月8日
2011年3月28日移行認定、同年4月1日移行登記
理事長 山崎 達光
助成対象研究課題(平成22年度)
  研究課題 研究機関・代表研究者 備考
(助成年度)
152 近年見出された在来トウガラシ品種を用いた日本産トウガラシ品種の類縁関係の解明 信州大学大学院農学研究科
准教授  松島 憲一
H.22
153 Aquilaria属植物の細胞内情報伝達系の改変によるセスキテルペン生合成能の誘導 富山大学大学院医学薬学研究部
准教授  黒崎 文也
H.22
154 香辛料クルクミンによる新規心不全治療法の開発 静岡県立大学薬学部
教 授   森本 達也
H.22
155 香辛料による生体機能変化の分子イメージング 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
教 授  榎本 秀一
H.22
156 抗ストレス因子誘導作用を持つ香辛料成分のドパミン神経細胞保護効果 熊本大学大学院生命科学研究部
教 授  香月 博志
H.22
157 脳炎症モデルにおけるmPGES-1毒性に及ぼすクルクミンの作用 北里大学薬学部
講 師  松尾 由理
H.22
158 スパイスアレルゲンの探索とリスク低減化戦略 近畿大学農学部
准教授  森山 達哉
H.22
159 香辛植物ヤナギタデにおける辛味成分の多様性評価に関する研究 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科
助 教  中山祐一郎
H.22
160 マイクロサテライト分析によるトウガラシ遺伝資源の系統分類 (財)かずさディー・エヌ・エー研究所
研究員  白澤 健太
H.22
161 トウガラシ辛み成分合成遺伝子の系統間比較多様性解析 山形大学農学部
准教授  笹沼 恒男
H.22
162 統合オミクス解析によるスパイスの新規機能性の解明 東京大学総括プロジェクト機構
特任教授  加藤 久典
H.22
163 トウガラシ属植物果実の色彩多様性に寄与するカロテノイドの色素体内構造と成分の比較解析 日本女子大学理学部
准教授  永田 典子
H.22
164 植物病原微生物感染がハーブ類の香気成分生成に及ぼす変化の定性・定量的解析 法政大学生命科学部
教 授  濱本  宏
H.22
165 高齢者の食生活における個別対応の高嗜好性香辛料を駆使した食品健康科学研究 尚絅学院大学総合人間科学部
教 授  布木 和夫
H.22
166 抗腫瘍活性および抗炎症作用機構解明によるワサビの高付加価値化 県立広島大学生命環境学部
准教授  野下 俊朗
H.22
(注)

  1. 財団の研究助成事業は、昭和59年度から実施されており、これは平成22年度の助成対象となった研究課題及び研究機関等である。
  2. 代表研究者の所属研究機関等は、助成の対象となった時点のものであるので、現時点ではこれと異なる場合がある。
  3. 助成年度欄のHは平成を示す。


(公財) 山崎香辛料振興財団のこれまでの助成した研究課題と成果について、
詳しくは山崎香辛料振興財団オフィシャルサイトの研究課題と成果をご覧下さい。