エスビー食品の取組み

S&B品質保証システム(SQS)について

エスビー食品は、安全・安心を満たした製品やサービスを一貫して提供するため、
エスビー食品独自の品質保証システム(SQS)を構築し運用しております。

SQSとは、S&B品質保証システムS&B total Quality assurance System)の頭文字を取ったもので、安全・安心で高品質な商品をお届けするため、商品開発、生産管理、品質保証の各部門が連携しあい、取り組んでいます。
エスビー食品が、HACCP(ハセップ)※1の理論及び品質マネジメントシステム(ISO 9001)※2や食品安全マネジメント
システム(ISO22000)※3などを複合的に取り入れ、独自に構築した品質保証システムです。

S&B品質保証システム(SQS)について

これらの手法や規格は国際的に評価が高く優れていることから、当社の無菌米飯など高度な品質・衛生管理が求められる商品はもとより、その他多くの商品にもその概念や手法を導入しています。今後も信頼性と精度の高い品質保証を行なっていきます。

※1  HACCPとは ・・・
原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、予測される危害を防止するための重要管理点を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録するシステムです。異常が認められたらすぐに対策を取り解決することで、不良品の出荷を防ぐことができます。
(上田工場のレトルト製造ラインにおいて認証を取得しています。)
※2  ISO 9001とは ・・・
製造の品質に対する顧客・消費者の信頼を高め、品質の向上と継続的な業務改善の推進によって顧客・消費者の満足度を高めることを目指した品質マネジメントシステムの国際規格です。
※3  ISO22000とは・・・
HACCPの食品衛生管理手法をもとに、 顧客・消費者へ安全な食品提供を可能にする食品安全マネジメントシステムの国際規格です。またこのISO22000と、一般衛生管理を強化させたISO/TS22002-1を統合したものが、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)の認可した認証規格のFSSC22000です。
(7工場で、FSSC22000の認証を取得しています。また、新たな工場で認証の取得に向けて活動しています。)