研究開発:新しい価値の創造を通じて、豊かな食文化のお役に立ちたいというマインドに溢れた研究活動の一端を紹介します


忍野試験農場では様々な種類のスパイスやハーブを試験栽培しています。
栽培技術や品種に関する研究を行い、原料産地で応用を図ることを目的とした栽培過程を、新たに「栽培日誌」と題してこれまで紹介していない作物にフォーカスしていきます。

今回はその中から、ホースラディッシュの栽培を紹介しましょう。

ホースラディッシュ栽培日誌

最初に取り上げるのは、セイヨウワサビとも称されるホースラディッシュです。
今回は、定植などの前半部分をご紹介致します。

ホースラディッシュはローストビーフなどの肉料理によく使われる香辛料です。和名をワサビダイコンやセイヨウワサビと呼ぶように、すり下ろすとワサビの様にツーンと鼻に抜ける辛味が出ることが特徴です。辛味の主成分はワサビと同じアリルからし油という成分です。

栽培面ではデリケートなワサビと異なり、環境に対する適応力が広く、非常に旺盛に生育します。
ホースラディッシュは種子での繁殖が難しく、定植には種イモ(鉛筆くらいの太さの根)を使用します。この種イモを肥大化させたものが収穫物になります。忍野試験農場では春に植え付けて秋に掘り起こしますが、その間にいかに根を太らせるかがポイントになります。

5月上旬

植え付けは畑に溝を掘って、種イモを並べていきます。土をかぶせれば完了です。

5月中旬

植え付けから約2週間、芽が出てきました。ホースラディッシュはこの新芽の色で大きく「青芽」、「赤芽」の2つの系統に分けられます。

6月上旬

定植から約1ヶ月、30cm程度まで育っています。これから夏に向けてぐんぐん大きくなっていきます。

通常、芽は種イモの先端から出てきますが、それ以外の芽を取り除くと均一に太った形の良いホースラディッシュが収穫できます。

次回、続編の秋には根がどこまで太っているか楽しみです。