文字の大きさ
印刷はこちらから

カレーリーフ/Curry leaf

南インドやスリランカで必須のスパイス

科名
ミカン科
原産地
スリランカ、インド
利用部位
別名
ナンヨウザンショウ、オオバゲッキツ、カリーパッタ、カリパタ、カラピンチャ

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

独特の芳しい香りとほのかにスパイシーな芳香をもつハーブです。

用途

適した料理

カレーなど

特に南インドやスリランカで多用され、カレーをはじめとする様々な料理に用いられています。 南インドでは、油を熱してホール状のスパイスを加え、香りを出したものを調理の仕上げに加える手法(テンパーリング)がよく使われますが、その際にカレーリーフも使われることが多いです。

エピソード

風味づけに、生け垣に。

南インドやスリランカでは、独特の香りが料理の風味づけに欠かせないほか、枝葉がよく繁るので、生垣にも利用されています。

カレーリーフを使ったレシピ

pagetop
このウィンドウを閉じる