文字の大きさ
印刷はこちらから

レモングラス/Lemon grass

さわやかなレモンのような香り。

科名
イネ科
原産地
インド、熱帯アジア
利用部位
葉、葉鞘
別名
レモンソウ、レモンガヤ、セイラ、タクライ

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

葉は、切り込みを入れたりもんだりするとレモンに似た香りがします。

形状

ススキのような長い葉が80-120cmほどに生長します。

用途

適した料理

東南アジアの料理、ハーブティーなど

葉はハーブティーへの利用で人気があり、フレッシュ、ドライともによく利用されます。特にミントと相性が良く、レモンに似た香りを持つ他のハーブ(レモンバームやレモンバーベナなど)とも組み合わせると美味しいブレンドができます。使うときにはハサミで刻むと香りがよく出ます。 料理では、ベトナムやタイなど東南アジアにおいて、カレーやトムヤムクンなどの香りづけによく使われ、ココナッツミルクやナンプラーの風味と好相性です。また、硬くしまった繊維質の茎(葉鞘)もよく利用され、刻んだり、たたきつぶしたりして、スープや炒め物などの風味づけに使われます。

エピソード

レモングラスを使ったレシピ

pagetop
このウィンドウを閉じる