文字の大きさ
印刷はこちらから

フェンネル/Fennel

魚料理と相性ぴったり

科名
セリ科
原産地
地中海沿岸
利用部位
葉、株元
別名
茴香(ういきょう)、小茴香(しょうういきょう)、フヌイユ、フィノッキオ

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

繊細な羽根状の葉で、アニスに似た個性的な甘い香りがあります。いくつかあるフェンネルの中でもフローレンス種は株元が膨らむのが特徴です。

語源、別名

黄緑色の茎が枯れているように見えたことから、ラテン語のフェヌム(Foenum=枯れ草)に由来した名前になったと言われています。

形状

葉は、鮮やかな緑色で、羽のように先端が細かく裂けています。

用途

適した料理

サラダ、スープ、クリーム煮など

葉は、種子と同様に、広く魚料理に使われ、タイム、ディルとともに「魚のハーブ」と呼ばれることがあります。フローレンス種のフェンネルは、株元の白い部分を野菜として利用し、サラダ、スープ、クリーム煮などに使われます。

エピソード

言い伝えの裏表

フェンネルの葉はヨーロッパでは薬草として古くから親しまれ、「フェンネルを見かけて摘まない者は、悪魔だ」という言葉も残されているそうです。その反面、この葉をいぶして香煙を立たせると、妖怪の類を呼び出すとされ、魔法使いが愛用したことから、「フェンネルの種を播く者は、悲しみを播く者」という、正反対の言い伝えもあるとか。

フェンネルを使ったレシピ

pagetop
このウィンドウを閉じる