文字の大きさ
印刷はこちらから

キャラウェイ/Caraway

ケーキによく合うシードスパイス

科名
セリ科
原産地
西アジア
利用部位
種子(植物学上は果実)
別名
姫茴香(ひめういきょう)、カルワイ、キュンメル

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

スッとした爽やかさとほんのり甘い香りが特徴のスパイスです。

形状

長さ5mm程度で、色は濃褐色。種子はやや偏平な三日月形です。種皮には灰白色の五条の縦筋があり、その外観はクミンによく似ていますが、香りは全く異質で、特有の清涼感のある甘い芳香をもっています。

用途

適した料理

肉、野菜、フルーツ、チーズの料理や、パン、焼き菓子など。

肉、野菜、フルーツ、チーズなどと好相性で、グリルや煮込みなど、様々な料理に使われています。 また、焼くと芳しい香りがし、ライ麦パン、ケーキ、クッキーなどにも利用されます。

エピソード

最初に広めたのはフェニキア人

この種子を最初にヨーロッパ諸国に伝えたのはフェニキア人と考えられています。紀元前3千年の頃から、西アジア最古の都市として栄えていたフェニキアのシドン港を中心に、商業貿易を営んでいたフェニキア人は、商船をあやつりフェニキア産の染料、布、硝子、杉材などとともに地中海沿岸諸国へ輸出する一方、スペインの銀、イギリスの錫、ドイツの琥珀(こはく)などを手に入れていたのです。スイスやヨーロッパ諸国にまで運ばれていたらしく、新石器時代から青銅器時代後期にかけて作られたスイスの湖上家屋の遺跡の中から、キャラウェイの種子が発見されているそうです。

古代ローマの進軍により広まる

古代ローマ軍が領土拡大のためヨーロッパ各地を征服した際、キャラウェイを食べながら進軍したといわれています。ただし、当時ローマ人が愛用していた種子の部分ではなく、肉厚の根の部分にミルクを混ぜた食物が食糧の一部となっていたそうです。 ジュリアス・シーザーは、「カラ」(chara)と名づけたこの兵隊食を推奨し、各地を転戦、キャラウェイの伝播にも大きく貢献しました。

引き止める力をもつスパイス!?

キャラウェイには人や物を引き止めておく力があると信じられ、キャラウェイを料理に使うと愛する人が離れていかないよう防いでくれるだとか、家禽や鳩にキャラウェイの実を食べさせると、引き止める力が働いて、鳥たちは1羽たりとも行方不明になることはなく、ある鳩飼いは、小屋にキャラウェイの実をまぜてこねた飼を入れておいたところ、1羽も行方不明にならなかった、などといった言い伝えが残っています。

キャラウェイを使ったレシピ

pagetop
このウィンドウを閉じる