文字の大きさ
印刷はこちらから

ディル/Dill weed

羽のようなやわらかな葉のハーブ

科名
セリ科
原産地
南ヨーロッパ、西アジア
利用部位
別名
ディルウィード、アネット、パクチーラオ

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

甘みのあるさわやかな香りのハーブです。

語源、別名

英語名のDill(ディル)は、古ノルド語で“なだめる、和らげる”を意味する「Dilla(ジーラ)」に由来しています。これは、ディルの種子の煎じ汁には鎮静作用があると考えられ、胃腸の痛みなどを和らげたり、寝つきの悪い赤ん坊をなだめて眠らせたりするのに用いられていたからです。

用途

適した料理

マリネ、サラダ、スープなど

魚介のマリネやスモークサーモンなど魚料理の風味づけやあしらいのほか、サラダやスープなどによく使われます。ヨーグルトやクリームチーズ、マヨネーズ、卵とも相性が良く、ポテトサラダやマカロニサラダなどにもおすすめです。 種子同様ビネガーとも好相性で、ピクルス液の香りづけやハーブビネガーにも用いられます。

エピソード

紀元前3千年の粘土板にも刻まれていた

エジプトと並ぶ古代文明を誇ったメソポタミア(現イラン・イラク)地方から、紀元前3000年頃のものと思われるスメル粘土刻板が発掘され、そこには、当時スメル人が薬用にしていた香料植物約200種が刻まれていましたが、その植物リストの中に、ディルの名前がありました。

ディルを使ったレシピ

pagetop
このウィンドウを閉じる