文字の大きさ
印刷はこちらから

スターアニス/八角/Star anise

八角のスター形が目印の、風味づけスパイス。

科名
シキミ科
原産地
中国
利用部位
果実
別名
八角(はっかく)、大茴香(だいういきょう)、八角茴香(はっかくういきょう)、チャイニーズアニス

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

独特の強くて甘い香りをもち、外観は8つの突起をもつ星型をしたスパイスです。香りの主成分は「アネトール」で、これは、アニスシードやフェンネルシードの香りの主成分と共通です。 未熟な果実を乾燥させたものをスパイスとして利用します。

語源、別名

英語名のスターアニスは、芳香がアニスに似ていて、外観が星型をしていることに由来します。また、「大茴香」「八角茴香」は、その香りが茴香(フェンネル、主成分はアニスと同じアネトール)に似ていて、外観がフェンネルより大きく、8個の突起を持つ星形をしていることに由来します。

形状

径3〜4cmの果実には6〜8個の袋果が星形に配列し、外観は濃褐色または黒褐色です。袋果の裂け目からは光沢ある褐色をした扁平な種子が見られます。

用途

適した料理

豚肉料理や鴨料理、デザートの香りづけなど

中国料理で、特に豚肉料理や鴨料理などの香りづけに多用されます。また、甘い香りを活かして、デザートの香りづけにも用いられています。 五香粉の原料として使われることもあります。

エピソード

石けんの香料にも

中国を原産とするスターアニスは、漢方では胃弱、かぜ薬に、また歯みがき、石けんなどの香料としても用いられています。ヨーロッパへは、16世紀末にイギリスの船乗りによって伝えられ、当時は大変高級だったアニスの代用品として使われました。

スターアニス/八角を使ったレシピ

pagetop
このウィンドウを閉じる