文字の大きさ
印刷はこちらから

クミン/Cumin

世界に広がる、エジプト原産のスパイス。

科名
セリ科
原産地
エジプト
利用部位
種子(植物学上は果実にあたる)
別名
馬芹(うまぜり)、ジーラ

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

カレーを思わせる、エスニックな芳香をもったスパイスです。

語源、別名

英語名のクミンは、ラテン語のクミヌム(cuminum)が起源といわれ、同じ語源から派生した別名にドイツ語のキュンメルがありますが、今日ではキャラウェイ(姫茴香)を指す用語になっています。そのため、クミンとキャラウェイは、しばしば混同されることがあります。

形状

長さ約5〜6mmほどの長楕円形をしています。種皮は淡黄色の縦筋があり、特有の強い芳香をもっています。外観はキャラウェイによく似ていますが、芳香は全く異質です。

用途

適した料理

カレー、クスクス、チーズ、チリコンカンなどに。

世界各地で、肉や野菜料理、煮込み料理、炒めもの、パン、チーズなどに広く用いられています。また、カレー粉やチリパウダーの原料にも欠かせません。インド料理では、スタータースパイス(調理の最初に、油に香りを引き出して使う方法)としてもよく使われています。カレーをはじめ、じゃがいもやカリフラワー、根菜の炒め物にもよく合います。炒めたクミンを米に混ぜて炊くと、カレーによ合う、香り高いクミンライスが出来上がります。

エピソード

男女の貞節を象徴するスパイス

中世のヨーロッパでは、クミンは男女間の貞操を象徴するものと考えられていました。恋人の心変わりを防ぐものと信じられ、結婚式の際にはポケットの中にクミンを忍ばせて臨む風習があったとか。この風習は、神秘的な芳香を持つクミンを上手に使って料理をできるような花嫁は、夫を確実に身近に引きとめ、浮気させない腕前を持っていることを意味する一方、花婿の方は、妻の貞操を信じ、自らも浮気をしないで十分な量のクミンと食材を家に持ち帰るくらい妻に忠実でなくてはならないという意味が含まれていたといいます。

クミンを使ったレシピ

pagetop
このウィンドウを閉じる