文字の大きさ
印刷はこちらから

くちなし/Gardenia

きんとん作りに欠かせない

科名
アカネ科
原産地
日本、中国、台湾
利用部位
果実
別名
山梔子(さんしし)

特徴

こんなスパイス&ハーブです。

料理の黄色い色づけに使われるスパイスです。黄色い色素の主成分は「クロシン」で、サフランと共通。水溶性の成分なので、乾燥した果実を割って水に浸すか、熱湯で煎じて得られる濃黄色液を利用します。

語源、別名

くちなしの名前は、果実が熟した後も口が開かない、つまり口がないとの意味からつけられたといわれています。また、細い種子のある果実を「なし」に見立て、くちばし状のがくを「くち」と呼んで、「くちを備えたなし」の意味であるという説もあります。

形状

植物は高さ1〜5mほどに生長する常緑樹で、甘い香りの白い花を咲かせます。

用途

適した料理

きんとん、たくあん漬けなどに。

料理の黄色い色づけに使われてきたスパイスです。きんとんやたくあん漬けのほか、キャンディやゼリーなどにも。また、古くから食品の色づけだけでなく、布や工芸品の染料としても使われてきました。

エピソード

大分の郷土料理にも

大分県臼杵市の郷土料理・「黄飯」は、くちなしの実を使って黄色く炊き上げたごはんで、「加薬(かやく)」と呼ばれる具だくさんの汁とともに食されます。

くちなしを使ったレシピ

pagetop
このウィンドウを閉じる