サポートデスク スパイス&ハーブマスターがメールにて回答!


「スパイス&ハーブマスター」とは

サポートデスクでは、スパイス・ハーブの使い方や楽しみ方に関するご相談をお受けいたします。
「家にあるスパイスの活用法を知りたい」「この食材には、どんなハーブがあうの?」など、
ちょっとした質問でもお気軽にお問い合わせください。後日、メールにて回答させていただきます。


スパイス&ハーブマスターへのご質問は
>こちらから ご質問入力フォーム

お問い合わせ事例バックナンバーはこちら

お問い合せ事例

後藤 明子(ごとう あきこ)

最近、スパイスを集め始めたのですが、同じスパイスでも、
「ホール」 「あらびき」 「パウダー」など、色々な種類があって、
どのように使い分ければ良いか迷ってしまいます。

スパイス&ハーブマスター「後藤 明子」が回答いたします!
同じスパイスでも、その粉砕の程度(細かく砕く、粗く砕く、砕かない…など)により、
粒度(粒の大きさ)別の商品が販売されています。
これらの粒度を意識すると、よりスパイス&ハーブを上手に使いこなせるようになります。

スパイス&ハーブの香りは、一般的に、植物中の組織や細胞の中に閉じ込められており、
香りが閉じ込められている組織・細胞を壊すことで、鮮烈な香りを楽しむことができます。
したがって、粒度の小さいもの(細かく粉砕したもの)ほど、瞬時の香り立ちが良いという特徴があります。
反面、香りが飛びやすいという性質も持ち合わせます。

一方、粒度が原形(ホール)に近いほど香りが飛びにくいため、
じんわり徐々に料理に香りをつけたいときに適しています(砕いたりせずに用いる場合)。

 

スパイスの種類によっても多少の違いがありますが、代表的な粒度とそれぞれの一般的な用途(活用場面)をご紹介致します。

 

ホール
【ホール】 スパイス&ハーブの原形 (粉砕していないもの)
香りが飛びにくいため、じっくり料理に香りや辛みをつけたいときに最適です(マリネや
長時間の煮込み料理など)。また、炒め物などを作る際、調理の最初(材料をいためる前)に
ホールのスパイスを油で炒めて香りを引き出すという使い方もします。
さらに、砕いた時の香り立ちが非常によい(細胞内に蓄えられていた香りが引き出される)ため、
砕いたり挽いたりして料理の仕上げに使うのもおすすめです。
※ホールスパイスの香りを引き出すコツを、動画でもご紹介しています。ぜひご覧ください!
あらびき

【あらびき】 ホールを粗めに粉砕し、粒子を整えたもの
パウダーより香りが飛びにくく、ホールより香りが出やすいので調理中や下ごしらえなど
料理のさまざまな場面で汎用できるタイプです。 また、口に入れた際の香りの広がりや
歯ごたえも楽しめますので、料理のアクセントとして使用するのもおすすめです。


パウダー
【パウダー】 ホールを細かく粉砕したもの
粒子が細かいので、素材にまんべんなくまぶしやすく、下ごしらえでの使用に最適です。
また、瞬時に香りが広がるので、煮込み料理などの仕上げに香りを立たせたり補ったり
するのにもおすすめです。

 

以上、代表的な粒度とその特徴・使い方のポイントをご紹介いたしましたが、どんな料理にどの粒度のスパイスを用いるかは、
お好みによるところもあり、絶対という決まりはございません。
是非、調理のさまざまなタイミングで、さまざまな粒度のスパイス&ハーブを色々お試し頂けたらと思います。

なお、商品の中身について、アレルギーや販売店について等のお問い合わせは、
お客様相談センターまでご連絡下さい。 メールによるお問合わせはこちら