サポートデスク スパイス&ハーブマスターがお答えしてきたお問い合わせ事例

お問い合せ事例

磯部 友美(いそべ ゆみ)

いつもはビーフカレー派ですが、たまにはチキンカレーも作ってみようかと思います。
ビーフに比べてもしっかりと満足できるように、スパイスで工夫することはできますか?

スパイス&ハーブマスター「磯部 友美」が回答いたします!
こんにちは。お肉によって様々なバリエーションのカレーを楽しむのも良いですね。
使うスパイスに決まりはありませんが、特におすすめのスパイス&ハーブをご紹介します。
( )はカレー4~5人前に対する使用目安です。

 

クミンシード
【チキンカレーに!】
淡白な風味の鶏肉には、あまりどっしりと強い香りのスパイスよりも、
ちょっとアクセントとなるスパイスや、軽めのさわやかな香り・柔らかい
香りのもののほうが鶏肉の風味を生かせておすすめです。

・クミンシード
インド料理に欠かせないスパイス。
クミンを加えるだけでぐんと本格感が増します。(小さじ1/2~1程度を炒める際に)

*クミンシードの使い方等、詳しいご案内はこちらをご覧下さい。

・マスタードシード
辛みはあまりなく、炒めるとどこかコクのある独特な香りが楽しめます。
(小さじ1/2程度をクミンと同様に使用)

マスタードシード ・カルダモン
爽やかで快い刺激のある香りは「香りの王様」とも呼ばれ、香り立ちの良いカレーに。
(仕上げに風味をみながら少量ずつ)

・バジル
甘みを含んだシソに似た香りが鶏肉にマッチ。
鶏肉を炒める際にも、煮込む際にも使えます。
(小さじ1/2程度を肉を炒める際または煮込む際に)

 

他の素材では・・
【ポークカレーに!】
豚肉特有のくさみを消したり、こってりした豚脂にマッチする香りの強いスパイスがおすすめです。
ジンジャー、シナモン、クローブなどがよく合います。

【ビーフカレーに!】
牛肉も風味の強い素材のため、多くのスパイスが使われるのですが、
特に強い香りを持つクローブの相性が抜群で、ビーフカレーの風味を深めてくれます。
(香りが強いので入れ過ぎには注意!)

ローレル
【その他どんなカレーにも!】
このほか、ガーリックローレルも臭み消しに欠かせないスパイスです。

* それぞれのスパイスの詳しい使い方はこちらをご覧ください。

 

肉素材とスパイス&ハーブの相性を知っておくと、カレーのみならず様々な料理に応用でき、
レパートリーが広がります。この機会にぜひスパイスと素材の相性をお楽しみ下さい。
スパイス&ハーブの情報はこちらをどうぞ。

スパイス&ハーブマスターへのご質問はこちらから ご質問入力フォーム


戻る