スパイス&ハーブでカレーをもっとおいしく

カレーを作る時に、スパイス&ハーブを活用することで、さらにおいしく仕上げることができます。
カレーを作る工程に沿って、いくつかのおすすめスパイス&ハーブを動画でわかりやすくご紹介します。
香り豊かなオリジナルのカレー作りを楽しみましょう。

具材を炒める前に… カレーを作るときにおすすめのスタータースパイス

具材を炒める前にスパイスを使うと、より本格的な香り、味を出すことができます。
ここで活躍するのが、「スタータースパイス」と呼ばれる調理の最初に使うスパイスです。

クミンシード (ホール)

炒めるひと手間だけで、香ばしく本格的なカレーが楽しむことができます。

クミンシード
■使い方

鍋にサラダ油を入れて火にかけ、まず2-3粒のクミンシードを加えてみて、まわりにシューッと細かい泡が出るようになったら残りを投入し、焦げないように注意しながら炒めます。クミンの香りがたってきたら、具材を入れ炒めます。

■目安量:カレー4〜5人前で小さじ1/2程度

特にチキンカレーにおすすめ

クミンシード(ホール)

唐辛子/チリーペッパー (ホール)

カレーの辛みをつける代表的なスパイス。辛みだけではなく、この後炒める素材の臭み消し効果も。

唐辛子 チリーペッパー
■使い方

油が冷たいうちに加え、焦げないように注意しながらじっくりと炒めます。

※ヘタの部分を切って、種を取り除いてから使うと、辛みが出すぎません。
※食べる前に取り除きましょう。

■目安量:カレー4〜5人前で1本程度

全てのカレーにおすすめ

唐辛子 チリーペッパー(ホール)

にんにく/ガーリック (すりおろし または みじん切り)

にんにくを加えることで、味にうまみ・深みが生まれます。

にんにく/ガーリック
■使い方

油が冷たいうちに加え、焦げないように注意しながらじっくりと炒めます。
ガーリックの香りがたってきたら、具材を入れ炒めます。

※チューブ入りのおろしにんにくを使用すると便利です。

■目安量:カレー4〜5人前で小さじ1/2程度

全てのカレーにおすすめ

にんにく/ガーリック (すりおろし または みじん切り)

しょうが/ジンジャー (すりおろし または みじん切り)

あと味すっきりのしょうがは、素材の臭みを抑えてくれる効果を発揮します。

唐辛子 チリーペッパー
■使い方

油が冷たいうちに加え、焦げないように注意しながらじっくりと炒めます。

※入れ過ぎると辛くなるので注意しましょう。
※チューブ入りのおろししょうがを使用すると便利です。

■目安量:カレー4〜5人前で小さじ1/2程度

特にポークカレー、チキンカレーにおすすめ

しょうが/ジンジャー (すりおろし または みじん切り)

このページの始めに戻る

具材を炒めている途中に… 油になじませて使うのがおすすめのスパイス&ハーブ

具材を炒めている途中に黄色いスパイス「ターメリック」を加えると、もっと黄色いカレーに仕上げることができます。

ターメリック (パウダー)

もっと黄色いカレーに!見た目にもおいしいカレーが楽しめます。

クミンシード
■使い方

具材を炒めている途中に加え、油や具材になじませて、ムラなく色づけしていきます。

ターメリックに含まれる黄色い色素成分「クルクミン」は油溶性です。油になじませて利用することで、きれいに色づけすることができます。

■目安量:カレー4〜5人前で小さじ1程度

全てのカレーにおすすめ

クミンシード(ホール)

このページの始めに戻る

煮込むときに… 臭み消し効果を発揮するスパイス&ハーブ

カレーの風味が決まる重要な工程の「煮込み」。この時、具材の良い風味と一緒に、実は臭みも鍋の中で広がってしまいます。
ここで臭み消しに力を発揮するスパイス&ハーブを加えると、余計な臭みが味を邪魔することなく、おいしく仕上げることができます。

ローレル (ホール)

煮込み料理の定番ハーブ。さわやかな香りで素材の臭みをふんわりカバーしてくれます。

ローレル
■使い方

葉に切れ目を入れ、煮込みはじめの段階で加えます。

※ちぎって切れ目を入れたり、軽くもんでから加えると香りが出やすくなります。
※長時間煮込み過ぎると苦みが出てくるので、1時間程度で取り除くようにしましょう。

■目安量:カレー4〜5人前で1本程度

全てのカレーにおすすめ

ローレル(ホール)

シナモンスティック

少量加えればふわっと優しく、多めに加えれば濃厚なコクのある香りに。

シナモンスティック
■使い方

シナモンスティックを半分に折って、煮込みのはじめの段階で加えます。

※折って利用することで、香りが出やすくなります。
※食べる前に取り除きましょう。

■目安量:カレー4〜5人前で1/2〜1本

特にポークカレー、チキンカレー、ひき肉のカレーにおすすめ

シナモンスティック

クローブ (ホール)

素材の臭みを消し、さらに深みのある仕上がりにしてくれます。

クローブ
■使い方

材料に十文字の切り込みをいれ、そこにクローブを刺して一緒に煮込みます。

※材料に刺しておくことで、鍋の中で迷子にならず、後で取り出しやすくなります。
不織布等にクローブを入れ、一緒に煮込む方法もよいでしょう。
※食べる前に取り除きましょう。

■目安量:カレー4〜5人前で3〜5個程度

特にビーフカレーにおすすめ

クローブ (ホール)

このページの始めに戻る

盛りつけの時に… 香り・辛み・彩りを瞬時にプラスするスパイス&ハーブ

仕上げの段階では瞬時に香りや辛みを加えることができるパウダータイプのスパイスが活躍します。中でも、あらかじめ複数のスパイスが混合されているミックススパイスがおすすめです。よりバランスのとれた香り&辛みを加えることができます。
また、盛りつける時に、彩りのハーブを加えると、見た目にもおいしいカレーに仕上げることができます。

パセリ

見た目にもおいしいカレーに仕上げてくれます。また、さわやかな香りが、程よくカレーのアクセントに。

パセリ
■使い方

卓上でごはんに振りかけます。(お好みの量で調整して下さい。)

※フレッシュハーブのパセリを刻んで添えるのもおすすめです。

■目安量:1皿で1〜3振り程度

全てのカレーにおすすめ

パセリ

ガラムマサラ

もっと辛く、本格的なカレーに!香りと辛みが一段と高まります。

ガラムマサラ
■使い方

卓上でカレーに振りかけます。(お好みの量で調整して下さい。)

※入れ過ぎると辛くなるので注意しましょう。

■目安量:1皿で1〜3振り程度

全てのカレーにおすすめ

ガラムマサラ
レシピ動画一覧&ダウンロード
 

このページの始めに戻る