いつものカレーにクミン&ガラムマサラ!

いつものカレーがクミンでグンと香り高くなります。
使い方はとっても簡単で、玉ねぎなどの材料を炒める前にクミンシードを油で炒めて香りを引き出すだけ!

■材料(5皿分)

牛肉
200g
玉ねぎ
中1と1/2個
にんじん
中1/2本
じゃがいも
大1個
S&Bクミンシード(ホール)
小さじ1/2
サラダ油
大さじ2
750ml
S&Bゴールデンカレー
110g(大1/2箱)
S&Bガラムマサラ
適宜
  • 【1】

    【1】

    鍋にサラダ油を入れて火にかけ、まず2-3粒のクミンシードを加えてみて、まわりにシューッと細かい泡が出るようになったら残りを投入し、焦げないように注意しながら炒めます。クミンの香りがたってきたら、適当な大きさに切った肉、野菜をよく炒めます。

  • 【2】

    【2】

    水を加え、沸騰したらアクをとり、材料が柔らかくなるまで弱火〜中火で約20分間煮込みます。

  • 【3】

    【3】

    いったん火を止め、ルウを割り入れ、よく溶かし再び弱火で煮込んだら出来上がり。

  • 【4】

    【4】

    仕上げにガラムマサラを振り、香りと辛みを高めます。

スタータースパイスについて

インド料理では、調理の最初(材料を炒める前)にホールのスパイスを油で炒め、その香りを充分に引き出してからその他の具材を炒めるという調理手法がよくとられます。この調理の最初の段階で使用するスパイスのことを「スタータースパイス」と呼び、クミンシードは代表的な存在です。
クミンの香りがしっかりと移った油で調理することで、香り高い料理に仕上げていきましょう。

レシピ動画一覧&ダウンロード
 

このページの始めに戻る