使うタイミングは?

スパイス&ハーブを使っておいしい料理を作るには、やはり使うタイミングが大切です。
より効果的に使うのもそんなに難しいことではありません。
基本はとっても簡単、タイミングは3つです。

3つのタイミングでスパイス&ハーブを使う例をそれぞれご紹介します。

下ごしらえ

(調理前の段階で)

下ごしらえ

下ごしらえの段階では、主に素材の臭みをとったり、スパイス&ハーブの香り・辛み・色をしっかりつける目的で使用されます。

調理中

(調理のはじめや途中で)

料理中

スパイス&ハーブが持つ香り・辛み・色などの個性を加えたり、しっかり引き出したりすることで、料理をおいしく仕上げていきます。

仕上げ

(調理の最後や食卓で)

仕上げ

仕上げに使うことで、瞬時に香り・辛み・色などを加えていきます。また、スパイス&ハーブの彩り、形で料理を華やかに演出します。

 

このページの始めに戻る