HISTORY
大会の歴史

ABOUTちびっ子健康マラソン大会とは

DELICIOUSNESS & HEALTH 「おいしさと健康」の理念と、
「21世紀を担う人づくり」がテーマ

1984年に産声をあげた「S&B杯ちびっ子健康マラソン大会」は、2020年で36年目を迎えました。
「おいしく食べる、よく運動する、それによって真の健康が得られる」というエスビー食品の「おいしさと健康」の理念に基づき、「21世紀を担う人づくり」をテーマに、スポーツを通じて心身ともに健康な子ども達を育成しようと全国各地で開催しています。
大会参加者からは、オリンピックや全国の駅伝大会など様々な競技で活躍するアスリートたちが巣立っています。
また、親子2世代に渡って出場している参加者もおり、この36年で完走者の累計が153万人を突破した、長きに渡って開催されているマラソン大会です。

BIRTH STORY誕生秘話

1975年、「21世紀を担う人づくり」の先駆けとして、“エスビースポーツクラブ”の活動を開始。
1984年、日本を代表するマラソンランナーである瀬古利彦選手(エスビー食品 1980年入社)がロサンゼルスオリンピックに出場。全社を挙げて応援する企画「がんばれニッポンキャンペーン」が進められ、そのうちの一つとして「ちびっ子健康マラソン大会」の道筋が創られていきました。

HISTORY

今までの大会の歴史を
見てみましょう!

1984

第1回「S&B杯ちびっ子健康マラソン大会」を
高知で開催(2月)

競技距離は全学年共に、フルマラソン42.195kmの30分の1の約1.4kmに設定

第1回「S&B杯ちびっ子健康マラソン大会」を高知で開催(2月)
1987

競技距離を設定変更(1月)

現在と同様の距離、1・2年生1,500m、
3・4年生2,000m、5・6年生3,000mへ

1・2年生1,500m、<br>3・4年生2,000m、5・6年生3,000m
1990

各大会の優勝者を
全国大会へ招待
(3月~1999年3月)

10年分のパンフレット
1993

年間の大会開催数
60大会を記録

1995

累計大会数、
延べ500大会達成(6月)

2004

累計大会数、
延べ1,000大会達成(9月)

2008

累計完走者数
100万人達成(10月)

100万人達成
2015

累計大会数、
延べ1,500大会達成(12月)

2019

累計完走者数
150万人達成(6月)

150万人達成
BACK TO TOP