SPICE&HERB
閉じる
トップ
ハーブ一覧
タイム
背景

タイム

タイム
りぼん

小さな葉、気品のある
清々しい香りとほろ苦さ

肉や魚の煮込み料理や香草焼き、ムニエルなどに、広く利用されます。魚との相性の良さから「魚のハーブ」と呼ばれることも。
オイルやビネガーと合わせてマリネの香りづけに使われるほか、加熱調理にも向き、パセリやローレルなどと合わせて【ブーケガルニ】にも使われます。
トマトとの相性も良く、「アクアパッツア」や「ラタトゥイユ」などにもよく使われます。

Timo [ティモ](伊)、Thym [タン](仏)、Thymian [ティミアン](独)、百里香 [バイリーシャン](中)、タチジャコウソウ(和)

利用部位:葉、花

  • 刻んで使う やさしい香りに
    ホッと
  • 刻んで使う お水に入れて
    冷やすだけ
  • 調理を通して風味づけ 調理を通して
    風味づけ
  • 刻んで使う ハーブオイル&
    ハーブビネガー
フレッシュハーブの主な活用法 >

RECIPE

おすすめレシピ

レシピをもっと見る

TRIVIA

豆知識

【ブーケガルニ】は、「香草の束」のこと。一般的にローレル、タイム、パセリ茎、セロリを束ねたもの。煮込み料理に、臭み消しや香りづけに使う。

LINEUP

商品ラインアップ

Q&A

このハーブに関する質問

乾燥ハーブとフレッシュハーブでは使う量は変わりますか?

同じレシピであれば、フレッシュハーブの使用量はドライハーブの3倍量がおおよその目安です。(ローズマリーやタイムは体積があまり変化しないので、同量か少し多いくらいにとどめましょう。)

使い切れずに残ったフレッシュハーブはどんな使い方ができるのですか?

使い残したフレッシュハーブでハーブビネガーハーブオイルを作る事ができます。ハーブの香りをうつしたハーブビネガー・ハーブオイルは、サラダのドレッシングに使うほか、 スープなどの汁もの、焼いた肉や魚、果物など出来上がりの料理に少量かけて香りを楽しむことができます。

フレッシュハーブの葉をとった後の残った茎は、料理には使えますか?

パセリやチャービル、ディルなど、葉をとった後残った硬い茎にも、香りがあります。ローレルのように煮込み調理に使えば、臭み消しや香りづけに代用できます。調理用たこ糸で束ねたり、お茶パックなどに入れて使うと、後で取り出しやすくなります。

フレッシュハーブ Q&Aはこちら

上記のスパイスやハーブのことは
こちらからも確認いただけます。

スパイス&ハーブ辞典はこちらスパイス&ハーブ辞典はこちら

他のハーブを見る

ハーブの種類を
選択してください。