SPICE&HERB
閉じる
トップ
ハーブ一覧
イタリアンパセリ
背景

イタリアンパセリ

イタリアンパセリ
りぼん

緑鮮やかな平葉、
さわやかな香りとほろ苦さ

平たい葉のおだやかな香りのパセリで、鮮やかな緑色も料理を引き立てます。
卵料理をはじめ、サラダ、スープ、ソースなどの彩りに、また肉・魚料理などあらゆる料理の飾りに使われる定番ハーブのひとつです。
茎は【ブーケガルニ】の材料としてもよく使われます。

Prezzemolo [プレッツェモーロ](伊)、Persil plat [ペルシル プラ](仏)、
Petersilie [ペータージリエ](独)、Perejil [ペレヒル](西)、
欧芹 [オウチン]、洋芫荽 [ヤンイェンスイ](中)、オランダゼリ(和)

利用部位:葉茎

  • そのまま彩りに、サラダに そのまま彩りに、サラダに
  • 刻んで使う 刻んで使う
  • 調理を通して風味づけ 調理を通して
    風味づけ
  • ハーブオイル&ハーブビネガー ハーブオイル&
    ハーブビネガー
フレッシュハーブの主な活用法 >

RECIPE

おすすめレシピ

レシピをもっと見る

TRIVIA

豆知識

※【ブーケガルニ】は、「香草の束」のこと。一般的にローレル、タイム、パセリ茎、セロリを束ねたもの。煮込み料理に、臭み消しや香りづけに使う。

LINEUP

商品ラインアップ

Q&A

このハーブに関する質問

乾燥ハーブとフレッシュハーブでは使う量は変わりますか?

同じレシピであれば、フレッシュハーブの使用量はドライハーブの3倍量がおおよその目安です。(ローズマリーやタイムは体積があまり変化しないので、同量か少し多いくらいにとどめましょう。)

フレッシュハーブの葉をとった後の残った茎は、料理には使えますか?

パセリやチャービル、ディルなど、葉をとった後残った硬い茎にも、香りがあります。ローレルのように煮込み調理に使えば、臭み消しや香りづけに代用できます。調理用たこ糸で束ねたり、お茶パックなどに入れて使うと、後で取り出しやすくなります。

パセリのコンカッセとは、何ですか?

【concasser】(仏語)。調理用語で【粗くみじんに刻む】こと。パセリのコンカッセ(略してパセコンとも)とは、刻んだパセリのことです。飾りに使うことの多い生のパセリですが、たっぷり刻んだパセリは、薬味や浮き実に、またミートソースなどに混ぜて香りづけに、幅広く使えます。

フレッシュハーブ Q&Aはこちら

上記のスパイスやハーブのことは
こちらからも確認いただけます。

スパイス&ハーブ辞典はこちらスパイス&ハーブ辞典はこちら

他のハーブを見る

ハーブの種類を
選択してください。