Everyday HARUMI'S CURRY

  • 大切な人との食卓楽しい時間のはじまりです。大切な人との食卓楽しい時間のはじまりです。
  • みんなが集まる日にぎやかに、カレービュッフェで。みんなが集まる日にぎやかに、カレービュッフェで。
栗原はるみさん

栗原はるみさん

料理家。著書は、ミリオンセラーとなった『ごちそうさまが、ききたくて。』
(文化出版局)をはじめ、累計発行部数は3,000万部を超える。
『きょうの料理』(NHK Eテレ)などのテレビや雑誌でも幅広く活躍。
生活雑貨ショップ「share with Kurihara harumi」とレストラン&カフェ
「ゆとりの空間」をプロデュース。

大切な人との食卓楽しい時間のはじまりです。大切な人との食卓楽しい時間のはじまりです。

庭のお花を飾ったり、ワインを冷やしておいたりと、
あたりまえのことを丁寧にするだけで、会話が弾む気楽な食卓に。
どうしたらおいしく見えるか、考えながら器を選ぶのも、私の楽しみです。

  • ビーフカレー
    ビーフカレー
  • 簡単
    ミルクパン
    簡単ミルクパン
  • グリル野菜
    グリル野菜
  • 菊花大根
    菊花大根
ビーフカレー

ビーフカレー

ステーキのように焼いた牛肉と
玉ねぎの甘みで、
ちょっとぜいたくな味に
仕上げます。

材料・分量(5人分)

作り方

  1. Step1

    玉ねぎは半分に切り、1~2cm幅に切る。
    牛肉は3~4cm角に切り、全体に塩小さじ1/2と
    こしょうをまぶす。

  2. Step2

    鍋に分量の水を入れ、温めておく。

  3. Step3

    フライパンにサラダ油を熱して牛肉を焼きつける。
    全面に焼き色がついたら赤ワインを加え、アルコールが
    とんだら2の鍋に移して強火にかける。煮立ったら
    弱火にしてアクを取り、ふたをして牛肉がやわらかく
    なるまで20~25分煮る。

  4. Step4

    フライパンにバターを熱して玉ねぎを炒め、まわりが
    透き通ってきたら3の鍋に加える。5分ほど煮て玉ねぎが
    やわらかくなったら、一度火を止めてカレールウを
    割り入れ、全体になじませる。再び弱火にかけ、
    とろみがつくまで煮込んで塩、こしょうで味を調える。
    (好みでケチャップやウスターソースを加えても)

  5. Step5

    器にごはんを盛ってカレーをかける。

簡単ミルクパン

簡単ミルクパン

混ぜるだけ、発酵いらずで
手軽につくれるパン。
ほのかな甘さがカレーに
よく合います。

材料・分量(直径6cmの丸型・6個分)

    • 薄力粉、強力粉各100g
    • ベーキングパウダー小さじ2
  • 砂糖大さじ2
  • 少々
  • 牛乳100g
  • プレーンヨーグルト大さじ2
  • サラダ油大さじ1

作り方

  1. Step1

    Aを合わせてボウルにふるい入れ、砂糖、塩を加えて
    軽く混ぜる。

  2. Step2

    牛乳とヨーグルト、サラダ油を加えてさらに混ぜ、
    ひとつにまとめる。ボウルに入れてラップをかぶせ、
    10分ほどおいて生地を休ませる。

  3. Step3

    手に粉(強力粉・分量外)をつけて2の生地を
    1.5cm厚さにのばし、型で抜く。残った生地を
    もう一度丸めてのばし、型で抜く。

  4. Step4

    焼き網を熱して3をのせ、焼き色がついたら
    返して焼き、中まで火を通す。

おいしさのPoint!

型がなければ、包丁で好きな形に切っても。
焼き網の代わりに、フライパンでもおいしく焼けます。

グリル野菜

グリル野菜

香ばしく焼くと、
野菜の味が驚くほど濃厚に。
カレーをかけて
食べてもおいしい!

材料・分量(作りやすい分量)

  • ブロッコリー1/2株
    (120g)
  • かぼちゃ1/8個
    (正味150g)
  • エリンギ2本
  • オリーブ油適量
  • 塩、こしょう各少々

作り方

  1. Step1

    ブロッコリーは軸の部分を長めに残して小房に分け、
    縦半分に切る。かぼちゃは種とワタを除き、皮付きの
    まま5~6mm厚さに切る。エリンギは縦に5mm厚さの
    薄切りにする。

  2. Step2

    フライパンにオリーブ油を熱し、かぼちゃとエリンギは両面、ブロッコリーは切り口の平らな面だけを焼き
    つける。途中で油が足りなければオリーブ油を足し、
    焼き色をつけながらじっくり火を通し、塩、こしょうを
    ふる。

おいしさのPoint!

焼きすぎかなというくらい、しっかり焼き色をつけて。

菊花大根

菊花大根

カレーの箸休めにぴったりの
さっぱりした甘酢味。
愛らしい形が
食卓のアクセントに。

材料・分量(作りやすい分量)

  • 大根200g(正味)
  • 赤唐辛子(小口切り)1~2本分

【甘 酢】

  • 100ml
  • 砂糖40g
  • 小さじ1/4

作り方

  1. Step1

    甘酢の材料を合わせ、砂糖と塩が溶けるまで
    よく混ぜる。

  2. Step2

    大根は2.5cm幅の輪切りにして皮をむき、いちょう切りにして端を切り落とし、2.5cm角に切る。2/3くらいの深さまで細かい格子状に切り込みを入れる。

  3. Step3

    容器に2を入れ、1と赤唐辛子を加え、2~3時間漬けて味を含ませる。

おいしさのPoint!

細かく切り込みを入れると、きれいな形になります。

みんなが集まる日 にぎやかに、カレービュッフェで。みんなが集まる日 にぎやかに、カレービュッフェで。

家族や友人が集まる日、わが家ではよくカレービュッフェをします。
テーブルいっぱいに並んだカレーやサラダを好きなだけ取り分ける
スタイルなら、みんなに気楽に楽しんでもらえます。

  • ポークカレー
    ポークカレー
  • タイカレー
    タイカレー
  • チョップド
    サラダ
    チョップドサラダ
ポークカレー

ポークカレー

ジューシーな豚肉と玉ねぎの
シンプルな具が、
スパイシーで芳醇なカレーの味を
引き立てます。

材料・分量(5人分)

作り方

  1. Step1

    玉ねぎは2~3cm大に切る。豚肉は3cm角に切り、
    全体に塩小さじ1/2とこしょうをまぶす。

  2. Step2

    鍋に分量の水を入れ、温めておく。

  3. Step3

    フライパンにサラダ油を熱して豚肉を焼きつける。
    全面に焼き色がついたら白ワインを加え、アルコールが
    とんだら2の鍋に移して強火にかける。煮立ったら
    弱火にしてアクを取り、ふたをして豚肉がやわらかく
    なるまで20~25分煮る。

  4. Step4

    フライパンにバターを熱して玉ねぎを炒め、まわりが
    透き通ってきたら3の鍋に加える。5~10分煮て
    玉ねぎがやわらかくなったら、一度火を止めて
    カレールウを割り入れ、全体になじませる。再び弱火に
    かけ、とろみがつくまで煮込んで塩、こしょうで味を
    調える。

  5. Step5

    器にごはんを盛ってカレーをかける。

タイカレー

タイカレー

手づくりの簡単ペーストで
香り豊かに。
まろやかなおいしさが
広がります。

材料・分量(4人分)

作り方

  1. Step1

    簡単ペーストを作る。Aの赤唐辛子は小口切りにし、
    残りのAとともにすり鉢に入れ、細かくすりつぶす。
    にんにく、しょうが、パクチーの葉と茎を粗みじん
    切りにして加え、さらにペースト状になるまで
    すりつぶす。

  2. Step2

    鶏肉はひと口大に切る。えびは殻と尾を除き、
    背側に深めに切り込みを入れて開き、背ワタを除く。
    なすはピーラーで皮をむいてひと口大に切り、
    水に浸してアクを取り、水けをよくきる。

  3. Step3

    鍋にサラダ油を熱して鶏肉を焼きつけ、軽く塩、
    こしょうをする。両面に焼き色がついたらなすを加え、
    さらに炒める。なすに油が回ったら、Bを加えて
    ふたをし、弱めの中火で約5分煮る。

  4. Step4

    なすがやわらかくなったらふたを外し、
    ココナッツミルク、1を加えてさらに3~5分煮る。

  5. Step5

    4のでき上がりに合わせてフライパンにサラダ油を
    熱し、えびを炒めて軽く塩、こしょうをふり、
    4に加える。ナンプラー、カレールウを加えて
    なじませ、塩で味を調える。

  6. Step6

    器にごはんを盛ってカレーをかけ、
    好みでパクチー(分量外)を添える。

おいしさのPoint!

ハーブやスパイスの香りを合わせることで、深みのある味が生まれます。

チョップドサラダ

チョップドサラダ

冷蔵庫をのぞいて、
その日にある野菜で十分。
ツナ缶でつくる
簡単ソースもぜひ覚えて!

材料・分量(作りやすい分量)

【トンナートソース】

  • ツナ缶(小)1缶(55g)
  • ケーパー(細かく刻む)小さじ1
  • マヨネーズ大さじ2
  • プレーンヨーグルト大さじ1
  • レモン汁小さじ1
  • 塩、こしょう各少々
  • ロメインレタス4枚
  • きゅうり1本
  • セロリ1/2本
  • 紫キャベツ1/8個
  • ミニトマト1パック
  • 大豆(ゆでたもの)1/2カップ分
  • カッテージチーズ適量
  • レモン、塩、こしょう各適宜

作り方

  1. Step1

    トンナートソースを作る。ツナは缶汁をきり、粗くほぐす。すり鉢にツナとケーパーを入れ、すりこ木で細かくすりつぶす(またはフードプロセッサーにかける)。マヨネーズ、ヨーグルトを加えてよく混ぜ、レモン汁を加えて塩、こしょうで味を調える。

  2. Step2

    ロメインレタスは2cm角に切り、きゅうりは1cm角に切る。セロリは筋を取って1cm角に切る。紫キャベツは4~5cm長さのせん切りにし、氷水に入れてパリッとさせ、水けをよくきる。ミニトマトはヘタを取る。

  3. Step3

    器に2、大豆、カッテージチーズを盛り、好みで取り分けて1をかける。レモンを絞りかけ、塩、こしょうをふる。

おいしさのPoint!

野菜の形をきれいに揃えると、ごちそうに。

Page top