製品における環境配慮

容器包装は、商品の保護やお客様の使用場面などを考慮して設計していますが、環境配慮も忘れてはならない重要なポイントです。エスビー食品の商品における環境配慮の例をご紹介します。

商品開発業務における3Rの推進

3R推進会議の様子

新商品の企画・開発段階や、既存品の見直しにおいて、常に環境へ配慮した商品設計と容器包装の適正化に努めるため、商品開発部門では、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進するプロジェクトチームを組織しています。商品ごとに担当者を決め、3Rに配慮した容器包装の開発・改善に取り組んでいます。

環境配慮事例

即席ルウ商品の環境配慮

2016年度は即席ルウ商品の一部において、カートン容器を約13%軽量化し、年間約26tの包装資材を削減しました。また、レトルトパウチ食品の一部において、パウチ容器を約2%~13%薄肉化し、年間約13tの包装資材を削減しました。