情報管理システムの構築について

原料情報の一元化

お取引先様からの情報収集により得られた使用原料の産地情報、添加物情報、アレルギー情報、遺伝子組換え情報、残留農薬情報などをデータベース化し、定期的に更新を行っています。

これらの情報について、社内の関係部署で確認体制を整備し、安全・安心な生産体制を構築しています。

生産履歴に関する情報管理

原料調達・生産・流通の各段階において食品の安全性を確保するため、製品に関するトレーサビリティの充実を目的とした情報管理システムを稼働させています。

また、タイムリーな商品供給や在庫適正化、商品トレースを可能にする「Safety & weB」システムを構築し、開発・生産体制の効率化と安全・安心な商品作りに活用しています。