新ラー油キャップの開発

専門誌「包装技術」(公益社団法人日本包装技術協会発行)2016年1月号「気になるパッケージ」で事例発表されました。

  • タイトル:新ラー油キャップの開発
  • 著者:酒田充紀(エスビー食品株式会社)

「ラー油」はラーメンや餃子など、中華料理の香りや辛味を演出する、調味料です。
S&Bのラー油はシェアNo.1※1。多くのご家庭の食卓にあるからこそ、お客様から様々なご要望をいただきます。

※1インテージ SRI 香辛料ラー油市場2011年4月~2015年3月累計販売金額

もう少し楽にボタンを押せないかな? ずっと使っていると、ボタンの周りがベトベトになるのよね…

このたび、その声にお応えして、使いやすい「新ラー油キャップ」を開発し、商品化しました。
「新ラー油キャップ」の特徴とこだわりを紹介します。

従来キャップ 新キャップ

特徴1ラク押しボタン

徹底的にこだわった「押しボタン」の設計

Before:ワンピース成型 After:ツーピース成型 ツーピース設計でやわらかく押しやすい!

こだわり!

指先にフィットする絶妙なボタンの凹みにより、気持ちよくプッシュできます。
さらに、ボタンの倒れる方向に「てこ」の原理を用い、より小さな力で簡単に押せるように設計しました。

従来キャップに比べて押す力は1/3になりました

9割近い方が押しやすさを実感!従来キャップと比べてボタンの押しやすさの調査(S&B調べ)

新ラー油キャップの押しやすさを、約9割の方々が実感しました。

ボタンの押しやすさ※2

  従来キャップ 新キャップ
押す力 2.5kgf 0.7kgf
約1/3の力で押せます

※2プッシュプルゲージにて、ボタン部分を抑えてボタンが押された最大圧力を測定

特徴2「ノズル周りが汚れにくい!」

「ラッパ形状」ノズル&「漏れにくい」蓋のピン

Before:横向きノズル After:上向きノズル+ピン挿入 液切れの良いラッパ形状 上向きノズル+ピン挿入で液漏れが起きにくい!

こだわり!

  • 蓋のピンがノズル孔に挿入され、しっかり密封されるよう、蓋のピンとノズル孔の形状にこだわりました。蓋をした状態で振っても、ラー油が漏れにくくなりました。
  • ラー油がノズルの裏に回りこみにくくするために、ノズルのラッパ形状の角度にもこだわりました。そのため、液切れがよく、液だれしにくくなりました。

キャップ内のラー油のベトツキ汚れを検証

ラー油を半年使用した際のキャップ内の汚れを調査※3(S&B調べ)

※3半年の使用量(10g S&B調べ)を使用した後の状態で調査

実際に使用した結果、ノズルの形状による液切れの良さや、蓋のビンの設計等から、キャップ内が汚れにくくなっているのがわかります。

特徴3倒れても漏れにくい構造

ビンの口部と接触するキャップの裏部分に突起

やわらかいボタンの裏側は、ビンの口部を塞ぐパッキングの機能を果たします。
ガラスビンと接触する部分に、小さな凸状の「突起」を加工して密着性を向上しました。

パッキン機能を果たす凸形状のリング キャップとビンの接触部分からラー油が漏れにくくなり、ビンの周りがベトベトしません。

こだわり!

ガラスビンとの接触面を徹底的に調べ、凸形状のリングは、ビンとの密着性が最も高くなる直径形状にしました。

これからもラー油やその他の商品において、お客様がより使いやすい容器・包装の検討を行って参ります。