お問い合わせ
ホーム > お問い合わせ > エスビー食品に関するQ&A

エスビー食品に関するQ&A

Q&Aを選ぶ

Q エスビー食品の社名の由来は?

ヒドリ印に「太陽=SUN」と「鳥=BIRD」の頭文字である「S&B」を併記して商標としました。これがエスビーの呼び名の始めです。

創業者・山崎峯次郎が、日本で初めて純国産のカレー粉の製造に成功して、1923年(大正12年)4月5日、浅草七軒町に創業したのが、エスビー食品の前身、『日賀志屋』でした。その社名の意味するところは、「一日一日を賀(よろこ)び、志をたてて商売にいそしみ励む」というものでした。そののち、1930年(昭和5年)「太陽」と「鳥」を図案化したヒドリ印をその商標としました。
この『太陽』と『鳥』を図案化した商標には、「社運が、日が昇る勢いであるように、また鳥が自由に大空をかけめぐるように、自社製品が津々浦々まで行き渡る」願いが込められていました。

そして、その翌年1931年には、そのヒドリ印に「太陽=SUN」と「鳥=BIRD」の頭文字である「S&B」を併記して商標としました。
これがエスビーの呼び名の始めです。この背景には事業も順調に発展し、また英語知識も普及したこと、そして商品の世界的性格もあったと言われています。そして戦後1949年(昭和24年)に企業近代化の一環として、時代の流れに添い広く慣れ親しまれた「S&B」に因み、「ヱスビー食品株式会社」と社名を変更しました。

Q 「ヱスビー食品」から「エスビー食品」へ変わったのはなぜですか?

読みやすく、スマートさを考え、また時流への適合を考え、変更しましたいわゆる、カギヱを使用したヱスビー食品の社名は長く親しまれ、伝統・歴史を感じさせる、格式・老舗を感じさせる、本格的な商品を作るといったイメージを象徴して参りましたが、やや古いとか親しみにくい、この文字を使う人が減ってきた、常用語ではない(学校教育ではもはや使われていない)、などの問題を考慮し、読みやすく、スマートさを考え、また時流への適合を考え、「ヱ」を「エ」に変更しました(1992年7月から)。

ただし、登記上の商号は伝統のある「ヱ」のままとし、ヱスビー食品と表記されています。