ページ内を移動するためのリンクです。

ここからメインコンテンツです

人材育成 一人ひとりを育む、という考え方

各種教育制度について

企業の成長の原動力は、人です。
エスビー食品では、新入社員からプロフェッショナルまで、社員一人ひとりを活かし育てるために、独自の教育制度を設けています。この制度は、単に仕事面の能力だけを追求するのではなく、一人ひとりがもつ個性や知識、技能が十分に発揮されることを目的としています。

教育制度体系

階層別研修 自己啓発支援プログラム OJT(オンザジョブトレーニング)
入社前通信教育 通信教育援助制度 エルダー教育制度
新入社員研修 スパイス&ハーブ検定
フォローアップ研修Ⅰ・Ⅱ  
階層別研修 入社前通信教育
新入社員研修
フォローアップ研修Ⅰ・Ⅱ
自己啓発支援プログラム 通信教育援助制度
スパイス&ハーブ検定
OJT
(オンザジョブトレーニング)
エルダー教育制度

入社前通信教育

入社までの6ヵ月間、当社独自の通信教育により「社会人としての基本」を身に付けます。

新入社員研修

入社後から配属までの約1ヶ月の期間で実施され、ユニークなカリキュラムとロールプレイングなどの体験学習を通じて、社会人としての基礎を固めます。

フォローアップ研修I・II

入社半年後と2年目に実施します。基本を再確認するとともに、自らの課題を明らかにし、さらなる成長のための目標を策定します。

通信教育援助制度

ビジネス関連の講座を中心とした約150コースの通信教育と、約70コースのeラーニングのなかから、社員一人ひとりのニーズに合わせて受講できる制度です。受講料の40~50%を会社が援助しています。

スパイス&ハーブ検定

社員一人ひとりがスパイスとハーブの正しい知識を身に付け、その素晴らしさをより多くのお客様に直接お伝えしていくためにスパイス&ハーブ検定を実施しています。社員は共通テキストを用いて、自発的に知識習得に努めています。

エルダー教育制度

新入社員の配属後、OJTの一環として、部署内の先輩社員が一定期間「エルダー」と呼ばれる教育係となり、マンツーマンで指導にあたります。先輩社員とのコミュニケーションを通じてスムーズに業務を習得できるとともに、先輩社員にとっても後輩育成の貴重な経験となります。

ページTOPへ

人材育成 一人ひとりを育む、という考え方

人事総務室長メッセージ

採用担当者メッセージ