ご案内
スパイス&ハーブマスター
磯部友美
ハーブマスターとは?

オレガノ 利用部位 葉、花穂
別名 ワイルドマジョラム、花薄荷(はなはっか)

オレガノってどんなスパイス? ローマ時代の美食家アピシウスが「おいしいソースには欠かせないスパイス」と言って愛したオレガノの香り。
トマト煮込みやピザソースなどの香りづけに使われることでも有名です。

ご家庭でよく利用されるトマトケチャップやウスターソース、ミートソース缶などにもオレガノの香りが添えられています。
また、タコスなどのメキシコ料理に利用されるチリパウダーにもブレンドされていますので、なじみのある香りと感じる方も多いのではないでしょうか。

トマト以外にもオレガノと相性の良い食材はたくさんあります。
卵、チーズ、マヨネーズ、豆、肉、魚など、様々な食材とオレガノの組み合わせをお楽しみください。

使いこなしポイント! トマト料理だけじゃない!卵料理や肉料理、豆料理など様々なメニューに利用してみよう

【煮込み、スープに】 トマトの相性の良さをいかして「トマト煮込み」「トマトソース」「スープ」作りに。肉や魚などの素材の臭みを和らげるハーブとしても重宝されています。
また、豆の煮込みにもおすすめです。少量でレストランの味に近づきます。

【タレ、調味料作りに】 オレガノは、タレや調味料作りにも活躍します。
マヨネーズと混ぜてディップがおすすめ。野菜スティックやフライに添えたり、パンに乗せて焼いてもおいしいですよ。
また、お肉に合わせるタレにもオレガノを加えてみては?清涼感のある香りが、お肉によく合います。

鶏のアピシウス風

鶏肉をトマトと相性抜群のオレガノを加えて煮込みました!残ったソースはパスタにからめても。

レモンオレガノスープ

野菜とトマトのさっぱりスープに、レモンとオレガノのさわやかな香りを加えました。

BBQのチミチュリ

玉ねぎとにんにくをベースに、オレガノやパセリを加えたピリ辛のソースです。焼いた肉などにたっぷりかけてお召し上がりください。

とうもろこしとオレガノマヨネーズパン

オレガノとマヨネーズのディップにコーンを加え、パンにのせて焼きました。簡単朝食にもおすすめです。

オレガノのレシピをもっと見る もっと詳しくオレガノを知る
特集バックナンバーへiレシピTOPへ