ご案内
スパイス&ハーブマスター
磯部友美
ハーブマスターとは?

パプリカ 利用部位 果実
別名 ハンガリアンペッパー、スパニッシュペッパー、ピメントン、甘唐辛子

パプリカってどんなスパイス? パプリカはナス科に属する熱帯アメリカ原産のスパイスです。
大航海時代に、スペインの航海者たちによって唐辛子やパプリカがヨーロッパへもたらされ、その後ハンガリーで品種改良されました。一般的にスパイスとして使われるパプリカは、日本で野菜として流通しているパプリカとは別の品種です。
日本で一般的に流通しているパプリカパウダーには辛みがなく、鮮やかな赤色と甘さのある特有の香りが特徴です。

使いこなしポイント! 
彩りのトッピングだけじゃない! 煮込み料理の風味つけにも利用して。

【料理の仕上げに彩りをトッピング!】 鮮やかな赤色が特徴のパプリカ。
料理の仕上げにひとふりすれば、彩りをプラスすることができます。

ポテトサラダ、ホワイトソースのグラタン、マリネなど、淡い料理の仕上げにふると華やかに仕上がります。
いつもの料理にプラスしてみましょう!!

【煮込み料理に!】 甘さのある特有の香りが特徴のパプリカ。
肉を使った煮込み料理や米、野菜などの料理に広く使われ、代表的な料理にハンガリーを始めとする東欧周辺の「グーラッシュ(グヤーシュ)」と呼ばれる肉の煮込み料理やパプリカチキンという鶏肉の煮込み料理があります。

煮込み系の料理にパプリカの香りを加えてみませんか。

タコのガリシア風

【彩りに】
ゆでたタコとじゃがいもにパプリカをふりかけた、スペイン風おつまみです。

グーラッシュ

【煮込み系】
パプリカを使った肉の煮込みは、ハンガリーの代表的な料理です。

パプリカとパセリのクリームチーズトースト

【彩りに】
トーストにパプリカとパセリで彩りを添えました。

豚肉とあさりのパプリカ煮込み

【煮込み系】
豚肉とあさりの煮込みにパプリカ風味を加えた、ポルトガル風の一皿です。

パプリカのレシピをもっと見る もっと詳しくパプリカを知る
特集バックナンバーへiレシピTOPへ