• 番組紹介
  • 今週のワンプレート
  • これまでのワンプレート
今週のワンプレート

下ごしらえしておくもの

  • 魚介と野菜は食べやすい大きさにカットしておく。
  • ブロッコリー、カリフラワー、ラディッシュ、カブは下茹でしておく。

作り方

作り方
1)
【バジルオイル】を作る。沸騰した湯(分量外)に塩を入れ、バジルの葉(60g)を茹でたら、すぐに氷水で冷やし、色止めをする。

バジルは甘く爽やかな香りと鮮やかな色合いのハーブ。茹でてすぐ冷やすと鮮やかな色合いが保たれる。

作り方
2)
バジルの水けを絞ってミキサーに入れ、オリーブオイルを加えて回す。茶こしなどで濾せば【バジルオイル】は出来上がり。

バジルオイルは、焼いた魚や肉にかけたり、パスタの仕上げにもオススメです。

作り方
3)
【香草ソース】を作る。ボウルに種入りマスタード、おろしニンニク、レモン汁、塩、米油、ホワイトペッパー(パウダー)を入れてよく混ぜ合わせる。
作り方
4)
ディル、フレンチタラゴン、パセリの葉の部分を刻み、タイム、チャービルは葉をちぎり、バジルの葉(15g)は細かく刻む。3)のボウルに加えて混ぜ合わせたら、【香草ソース】は出来上がり。

バジルを始め6種類のハーブで味も香りも複雑になり美味しさが増す。好みでハーブの量を変えても良い。

作り方
5)
魚介類に塩、ホワイトペッパー(パウダー)をふりボウルに移す。そこへブロッコリー、カリフラワー、ラディッシュ、カブ、ミニトマトを加え、4)の【香草ソース】を入れ、よくなじませる。

魚介と野菜は、お好きなものをお好みの量で。

作り方
6)
器に2)の【バジルオイル】をお好みの量敷き、5)の具を盛り付けたら出来上がり。 。

今週のワンプレート

第324回 2017年12月11日放送

魚介と野菜の香草ソース

バジルを中心に6種類のハーブの香りが上品な一皿。フレッシュハーブならではの香りと彩が楽しめる。

放送内容を動画で見る
スマートフォンで見る

memo

(4人分)

【バジルオイル】
(作りやすい分量)
適量
バジルの葉(フレッシュ)
60g
オリーブオイル
100ml
 
 
【香草ソース】
 
種入りマスタード
45g(大さじ2と1/2)
おろしニンニク
小さじ1/3
レモン汁
大さじ1
少々
米油
※オリーブオイルでも代用可
40ml
ホワイトペッパー(パウダー)
少々
 
 
ディル(フレッシュ)
5g
フレンチタラゴン(フレッシュ)
1枝
パセリ(フレッシュ)
6g
タイム(フレッシュ)
1本
チャービル(フレッシュ)
14g
バジルの葉(フレッシュ)
15g
 
 
タコ
60g
イカ(胴)
75g
サーモン
120g
タイ
100g
マグロ
120g
ホタテ
8個
ブロッコリー
8房
カリフラワー
8房
ラディッシュ
4個
カブ(1/8カット)
8個
ミニトマト
8個
 
 
適量
ホワイトペッパー(パウダー)
適量

今週のスパイス&ハーブ

バジル

バジル

さわやかな香りで日本でもおなじみのハーブの王様。

スパイス&ハーブマスターのワンポイントアドバイス

バジルのさわやかな香りは料理にアクセントを添えるのにも活躍します。バターに混ぜてパンに塗って焼けば、美味しいハーブトーストが楽しめます。