CMの料理を作ってみよう!vol.5
ジューシーでスパイシー!
ドイツのソウルフード「カリーヴルスト」

多くのドイツ人に愛されるソウルフード「カリーヴルスト」は、
街を歩けばその屋台に当たるというほどの庶民の味。作り方は簡単。
プリプリのソーセージをこんがり焼いて、トマトソースとカレー粉をかければ、できあがり。家族みんなが大好きな味です!

hatebu
googleplus
line

ソーセージの本場で愛される屋台スナック
「カリーヴルスト」

ドイツの代表的な食べ物といえば、まず思い浮かべるのがソーセージ。ソーセージは、ドイツ語で「ヴルスト=Wurst」といい、数え切れないほどの種類があるといわれています。そんなドイツで愛されるソウルフードが「カリーヴルスト」です。

カリーヴルストは、グリルしたソーセージに、トマトソースとカレー粉をたっぷりかけて、フライドポテトかパンを添えたもの。そう、それだけなんです。たったそれだけなのに、ソースとソーセージのうまみと、スパイシーなカレー粉の香りによる絶妙なハーモニーが食欲をそそり、あっという間にぺろり。なんと、ドイツでは年間約8億食のカリーヴルストが食べられているとか……。ドイツ人のソーセージ好きには脱帽です。

家族みんなが大好きになる魔法のメニュー

今回は2種類のカリーヴルストを試してみました。
まずは、CMに登場したレシピの再現バージョン。ケチャップと赤缶カレー粉を使ったお手軽レシピなので、朝食やお弁当のおかずにもぴったりです。子どもだけでも簡単に挑戦できるのが嬉しいですね。

もうひとつは本場ドイツの屋台風ソース。店舗によってソースの材料や配合が異なるらしいので、いくつか参考にしながらオリジナルソースを完成させました。スパイスと酸味をきかせて、ちょっぴり大人テイストに仕上げているので、ちょっとだけ奮発して、ドイツ風ソーセージと合わせてみるのもオススメですよ!
子どもも大人も、家族みんなが喜ぶ、ドイツの屋台メニュー。ぜひ挑戦してみてください。

ぱりっとジューシーなソーセージに
赤缶カレー粉をオン!

それでは、さっそくカリーヴルストの作り方をご紹介しましょう。

2種類のソーセージ。細めのドイツ風ソーセージと、ミュンヒナー・ヴァイスソーセージ。
今回用意したのは、2種類のソーセージ。
細めのドイツ風ソーセージと、ミュンヒナー・ヴァイスソーセージ。

フライパンに油を熱し、ソーセージをよく焼きます。
フライパンに油を熱し、ソーセージをよく焼きます。

ソーセージにケチャップをたっぷりかけます。
ケチャップをたっぷりかけます。

赤缶カレー粉はソーセージにたっぷりかけたいですね。
赤缶カレー粉はたっぷりかけたいですね。

CMの再現レシピ!「カリーヴルスト」があっという間に完成しました!
CMの再現レシピ! あっという間に完成しました!

続いて、オリジナルトマトソース作りです。オレンジがなければビネガーでもかまいません。
続いて、オリジナルトマトソース作り。
オレンジがなければビネガーでもかまいません。

玉ねぎとにんにくを3分ほど炒め、トマトペーストを加えて、さらに3分ほど炒め煮します。
玉ねぎとにんにくを3分ほど炒め、
トマトペーストを加えて、さらに3分ほど炒め煮します。

オレンジは皮の部分をせん切りにし、加えます。
オレンジは皮の部分をせん切りにし、加えます。

残りのオレンジをしぼり、赤缶カレー粉、カルダモン、ケチャップ、コンソメを加え、ひと煮立ちさせたらできあがり。
残りのオレンジをしぼり、
赤缶カレー粉、カルダモン、ケチャップ、コンソメを加え、
ひと煮立ちさせたらできあがり。

10

最後に赤缶カレー粉をかけ、たっぷりのフライドポテトを添えて完成!
最後に赤缶カレー粉をかけ、たっぷりのフライドポテトを添えて完成!

さっそく、いただきまーす。
まずはCM再現レシピのケチャップバージョンから実食。

・・・。

ソーセージにぱりっとかぶりつくと、
ケチャップの甘みがやってきて、ぴりりとカレー風味が追いかけてくる。
思わず、うんうん、と頷いてしまいました。
地味すぎず、かといって派手すぎず、とても親しみやすい。
ケチャップとソーセージなんて、きっとこれくらいだろうと想像して、
たかをくくっていた私、謝りたくなりました。
バゲットにのせてみると、スパイシーなホットドッグに早変わり。
素敵な朝が迎えられそうです。
バゲットにのせてみると、スパイシーなホットドッグに早変わり。
そして、赤と白のコントラストが食欲そそる、
オリジナルソースとポテトを一緒にいただきます!

ふわふわ食感のソーセージに、スパイシーなトマトソースがバツグンの相性。
オレンジがほんのり爽やかなアクセントとなって、脂っこさを中和してくれています。
ポテトは、トマトソースを残さず楽しむために添えるんだとか。
たっぷりとソースをからめていただきました。

ビールのおつまみとしてはもちろん、お子さんのパーティーメニューにも喜ばれそうです。

材料(2〜3人前)

●CM再現レシピ
ソーセージ
3~4本
サラダ油
少々
ケチャップ
小さじ1
S&B赤缶カレー粉
適量
●オリジナルトマトソース
玉ねぎ(みじん切り)
1/2 個
にんにく(みじん切り)
1かけ
トマトペースト
大さじ2
オレンジ
1/4個
S&B赤缶カレー粉
大さじ1
S&Bカルダモン(パウダー)
少々
コンソメ(顆粒)
小さじ1
トマトケチャップ
大さじ3
サラダ油
少々

作りかた


    【CM再現レシピ】
  1. フライパンにサラダ油を熱し、ソーセージがぷりっとするまで焼きます。
  2. 器に盛り、ケチャップをかけ、赤缶カレー粉をふります。
    フライドポテトやパンを添えていただきます。

    【オリジナルトマトソース】
  1. フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎとにんにくを炒めます。
  2. しんなりしたら、トマトペーストを加え、3分ほど炒め煮します。
  3. せん切りにしたオレンジの皮としぼった果汁を加えます。
  4. 3に、S&B赤缶カレー粉、カルダモン、トマトケチャップ、コンソメを加え、
    ひと煮立ちさせたらできあがり。

[文・写真] 峰 典子

いつものソーセージが、がらりとドイツ料理に変わる魔法のマジック。
ぜひ試してみてくださいね!
hatebu
googleplus
line