CMの料理を作ってみよう!vol.3
冬の定番メニューをイメチェン「ロールキャベツ、カレー風味」

洋食の定番、ロールキャベツ。カレー粉を加えてスパイシーに仕上げれば、ご飯のすすむ味わいに。
失敗なく簡単につくるコツをご紹介します!

hatebu
googleplus
line

冬のキャベツは煮込むのがおすすめ!

煮ても焼いても、生食でも。万能に楽しめるキャベツですが、この時期にぴったりのキャベツが主役の料理といえば、ロールキャベツですよね。一口にロールキャベツといっても世界各国での作られ方はさまざま。東欧やトルコでは肉と一緒に米を包み、フランスのニースでは、キャベツを丸ごと使って豪快に。ケーキのように切り分けて食べるのが特徴です。ルーマニアではザワークラウトで包んだひき肉をトマト味で煮込み、トウモロコシ粉のペーストを添えて……。その包容力にほれぼれしてしまいます。

一年中手に入るキャベツですが、季節によって相性の良い料理があるのをご存知でしょうか。葉が柔らかな春キャベツはみずみずしいので、サラダや浅漬けなどの生食に。それに対して、寒い時期に収穫されるキャベツは葉が硬めなので煮崩れしにくく、煮込み料理にぴったりなんです。スパイスやハーブの香りをプラスして、冬にぴったりなカレー風味のロールキャベツを試してみませんか?

ロールキャベツの下準備は難しくない

ロールキャベツといえば、食べるのは好きだけど、作るのはちょっと…という声を聞きます。下準備に手間がかかる上に、煮込むのも面倒、というわけです。かくいう筆者もそんな印象が拭えず“ 時間と気持ちに余裕があるときの料理”と思い込んでいました。

今回、久しぶりにロールキャベツを作ってみて思ったのが、いくつかのコツを知っておけば、失敗なく完成すること。そして、「コストパフォーマンスが高い!」とつくづく実感しました。キャベツと豚ひき肉、カレー粉の組み合わせで、こんなに豪華な料理になるんです。急な来客のためのおもてなし料理として覚えておいても、損はありません。

ロールキャベツにカレー粉をイン!

それでは、さっそくロールキャベツの作り方を紹介していきましょう。
下準備が成功の鍵なので、ていねいにレポートしますね。

下準備

キャベツの芯を外す
小さめの包丁で、三角形に切り込みを入れて芯をはずします。
この時、刃の下部に布巾やハンカチなどを巻いて、
刃先だけを使うようにすると安定し、力が入れやすくなります。
キャベツの葉を取り外す
4枚のキャベツの葉。
先ほどの裏技を使って、なんとかきれいにはがれました。
大きな鍋にお湯を沸かし、キャベツをさっと湯がきます。
葉の硬い部分を包丁でそぐ
ザルにあげ、硬い部分を、包丁でそぎます。
そいだ芯は、煮込むときにスープに投入しても構いません。
葉の水気を拭く
さらにクッキングペーパーなどで水気を拭いておきましょう。
これで巻き上がりの美しさが変わるので、面倒でもやってくださいね!

ロールキャベツの具材を作る
それでは、具材を作ります。
わたしはごろっとした食感が好きなので、玉ねぎは大きめの粗みじん切り。
豚ひき肉、玉ねぎ、卵、パン粉、塩こしょうをよくこねます。

具材を4等分して丸める
包みやすいように4当分しておきます。
ここは、きれいな形にしなくてもオーケー!

広げたキャベツの葉に片栗粉を振るう
キャベツの水気がないことを確認して、片栗粉を茶こしで振ります。
こうすると、具材とキャベツをぴったり密着させることができます。

キャベツで具材を包む
まず、キャベツの葉を、芯を下にして準備します。
そして開いたキャベツの真ん中からやや下がったところに、具材を置きます。
下、右、左とキャベツを折り込み、最後はくるくるっと巻くようにして仕上げます。
大きさが少しまちまちになってしまいましたが、なんとか巻き上がりました。

鍋にキャベツを並べ、煮込む
4つのロール達が重ならずに並べられる大きさの鍋に、水とがらスープを入れて、
ことことしたタイミングで[4]を並べます。沸騰したら弱火で10分、煮込みます。

つけあわせのトマトの準備
煮込んでいる間に、ミニトマトのヘタをとります。
スーパーマーケットでミニトマトビュッフェなるものがあったので、
4種類のトマトを揃えてみました。

トマトとカレー粉を鍋に入れ、煮込む
ミニトマト、カレー粉を加え、さらに10分くらい煮ます。

キャベツが柔らかくなるまで煮込んで完成
もうこのタイミングで食べられるのですが、
さらに10分ほど煮込んでもよいでしょう。キャベツが柔らかめに仕上がりますよ。

わたしはお腹がすいたので、ここで完成とします!

・・・・

一口噛むと、じゅわっと広がるカレー風味のスープ。
ひき肉は硬すぎず、柔らかすぎず、口の中でほろりとほぐれていきます。
ミニトマトはとろりとくずれ、スパイスの香りが染みわたっています。

キャベツに染みたスパイスの香りでごはんがすすむ

ロールキャベツ Meets カレー粉。はじめての体験です。これのなにが嬉しいって、スパイシーなので箸が進むこと! ロールキャベツって白飯のおかずになりにくいなって思っていたのですが、このレシピであれば主菜として、お子さんにも喜んでいただけそうです。

ロールキャベツ、カレー風味 完成

材料(2人前)

キャベツ(さっとゆがく)
4枚
片栗粉
少々
600cc
李錦記 鶏丸ごとがらスープ(顆粒)
大さじ1
ミニトマト
12個
S&Bカレー粉
大さじ1
豚ひき肉
150g
玉ねぎ(粗みじん切り)
1/2個
1個
パン粉
10g
味付塩こしょう
小さじ1

作りかた

  1. キャベツは包丁で芯をくり抜き、葉をきれいにはがします。
    大きな鍋にお湯を沸かし、さっと湯がいてザルにあげ、硬い芯のところを削ぎ取ります。
  2. Aを混ぜ合わせて、4等分に軽く丸めておきます。
  3. 1の水けを拭いて片栗粉を茶こしなどで薄く振り、2を一つずつしっかりと包んでいきます。
  4. 小鍋に水とがらスープを入れて、火にかけます。3のロールキャベツの巻き終わりを下にして並べ、弱火で10分煮ます。
  5. ミニトマト、カレー粉を加えて、さらに10分煮ます。

    *お好みで、さらに5~10分くらい煮ても、くたっとしておいしくなります。
    *煮込むとき、ロールキャベツがスープのなかで浮いてきそうになったら、お皿等をのせて落としぶたの代わりにしてください。

余ったロールキャベツは冷凍ができます。チーズをのせて、カレー粉をぱらり。オーブンで焼いたロールキャベツグラタンにアレンジするのがおすすめ。

ロールキャベツグラタン

[文・写真] 峰 典子

冬の定番メニューもアレンジすれば、もっと香りを楽しめる料理に!
みなさんもお家でぜひ作ってみてくださいね。
hatebu
googleplus
line