審査・スケジュール

「マイユ料理コンクール2013」 は終了いたしました。

  • スケジュール

    応募期間
    2013年6月19日(水)~2013年8月31日(土)
    書類審査
    2013年9月下旬予定
    実技審査
    2013年10月29日(火)
  • 審査方法

    書類審査ならびに実技審査を行います。
    書類審査(一次審査)
    応募作品の中から計5点を選出します。
    書類審査を通過された方には9月下旬までに書面にてご連絡いたします。
    実技審査(最終審査)
    実技審査では作品を実際に制作していただき受賞者を決定いたします。
    • ①1人前づつ盛り付けたメイン料理を、4人前制作していただきます。
    • ②2時間で制作してください。
    • ③持ちこみ材料は応募書類記載通りの内容であることのチェックをさせていただきます。
        当日ご利用いただくMAILLE商品、またエスビー食品商品については
        ご要望に合わせて主催者側で準備いたします。
    • ④試食審査時に1人2分程度のプレゼンテーション(作品紹介)をしていただきます。
        質疑応答を含み合計5分程度の予定です。
    • ⑤実技審査会場 : 東京ガス業務用厨房ショールーム「厨BO!SHIODOME」
        詳細は実技審査ご案内書にてご連絡させていただきます。
    • ⑥盛り付け用の皿、調理器具などはご持参いただきます。
    • ⑦会場までの交通費一部を事務局にて負担いたします。
  • 金賞1名 : 賞金30万円及びトロフィー
    銀賞1名 : 賞金10万円及び楯
  • 作品の公開について

    書類審査通過作品の映像・出版物その他への使用権については主催者に帰属するものとします。
    受賞作品は、マイユホームページ、エスビー食品ホームページ、業界専門誌などをとおして、多くの方にご紹介させていただきます。
    また、作品の公開にあたり食材名称等に商標登録された商品名または通称にて記載されている場合は、
    事務局で一般名称に変更させていただく場合がございます。
    文字表記も統一いたします。
    例) 表記の統一 : 月桂樹 / ベイリーブス / ローリエ ⇒ ローレル
  • 実技審査会の撮影について

    事務局では、実技審査会において応募者の調理風景などを撮影いたします。
    応募者の肖像等を含む写真をマイユホームページ、エスビー食品ホームページ、業界専門誌などに掲載いたしますので
    あらかじめご了承ください。
  • 実技審査持ちこみの食材例について

    【持ちこみ可の例】

    食材の下処理なども調理時間に含むものとします。
    各自で加工、下処理などを行わない状態で食材をお持ちこみください。
    ・洋食の出汁類(フォン・ド・ボー、ブイヨン・ド・ヴォライユ、フォン・ブランは持ちこみ可)
    ・水に戻した乾物(茸類など)
    ・浸水したもち米、玄米、豆類
    ・審査会場に持ちこむには大きすぎる魚や食材などを適当な大きさにカットしたもの(生ハム、セロリなど)
    ・血抜きした内臓
    ・食材として使用するもので、それ単体では「料理」として成立しない加工食品
     (市販のパートフィロ、酒粕、ドライフルーツなど。但し各自で制作したものは除く)
    ・使用量のみの調味料、薬味、スパイス、液状の食材など(しょうゆ、オイル類、牛乳など)

    【持ちこみ不可の例】

    煮詰めたり調味したものは持ちこみ不可です。
    市販品を一部加工、下ごしらえした状態は持ちこみ不可です。
    ・仕込み済みの和食の出汁(かつお出汁、昆布出汁など)・麺つゆ、ドレッシング等
    ・ソース(但しフォン・ド・ボーや甲殻類の煮出しなど、出汁をとる工程までは終えたものを持ちこみ可)
    ・加工、下処理、切り出し、皮むき、火入れなどをほどこした食材
    ・各自で制作したタルト生地、のばしたパイ生地など
    ・スモークした食材や魚の昆布じめ等、それ単体で「料理」として成立するもの
    ・審査会場に持ちこめる程度の大きさの魚を予め切り身にしたもの(魚をさばく時間は調理時間に含むものとします)
    詳細は実技審査ご案内書にてご連絡させていただきます。
    ご不明な点はコンクール事務局にお問い合わせください。