初めてのハーブ講座

side_ttl01

side_ttl02

季節のハーブの育て方

チャービル

別名:セルフィーユ /学名: Anthriscuscerefolium
分類:セリ科・シャク属/高さ:草丈20~60cm/一年草
開花期:5~7月/性質:半耐寒性性

繊細な切れ込みのある柔らかな葉の、みずみずしい食感が持ち味のチャービル。かすかにアニスに似たデリケートな香りとほのかな辛みがある。フランス料理でよく用いられるハーブで、フランス語の呼び名「セルフィーユ」も一般的。フランス料理で使われる、みじん切りにしたフレッシュハーブのミックス「フィーヌゼルブ」には欠かせない。
サラダ、ドレッシング、スープに加えたり、卵に混ぜ込んでオムレツにしたりと、さまざまに調理される。くせがなく和食にも無理なく合う上に、ケーキやアイスクリームなどお菓子に添えても風味が合う用途の広いハーブ。葉は乾燥保存には適さないので、サラダなどで生のまま食べるのが一番おいしい。

育て方ポイント

  • 種まき

    種は比較的大きくてまきやすいが、発芽率が悪いので、多めにまくようにする。移植を嫌うので、プランターや鉢に直まきにして、間引きながら使うといい。
    春まきにするとすぐに花が咲いてしまい、収穫期間が短くなってしまうので、秋まきか、2月頃に室内で種まきをして、暖かくなってから戸外に出すと長く収穫できる。

  • 苗の選定

    直まきが基本だが、苗を購入した場合は、霜の心配がなくなってから戸外に植える。土はやわらかく、保湿性のある肥えた土を。腐葉土を多く漉き込むといい。

  • 繁殖

    繁殖は、種まきで。

  • 収穫と剪定

    セリ科の植物は、新芽が株の中心から育つので、葉の収穫は外葉から切り取るように。種をたくさんまいて密植した場合は葉が茂ってきたら、株元3~4cmぐらいのところから刈りとってもかまわない。またすぐに新芽が伸びてきて収穫できる。
    花を咲かすと種をつけて枯れてしまうので、とう立ちしてきたら株元近くからの収穫を繰り返す。

  • 冬越

    耐寒性はあるが、霜に合うと葉が傷む。その場合も春になると新芽がでてくるので心配ない。軒下がちょうどいい。

特記事項

半日陰で育てた葉は柔らかく、香りも風味もいい。夏の暑さを嫌うので、木陰などに鉢を移動するといい。風通しのいい場所で育てる。

ディル

学名:Anethumgraveolens /分類:セリ科・イノンド属 
高さ:草丈80~120cm/一年草/開花期:5月~7月
性質:半耐寒性

ディルの青みがかった繊細な羽毛状の葉には、独特の香りとさわやかな辛み、かすかな酸味がある。
生葉は料理用ハーブとしてヨーロッパ、中近東などで盛んに使われる。特にスカンジナビア料理ではサーモンのマリネ(グラヴァドラクス)や魚の酢漬けに欠かせない。魚介類、ジャガイモ、卵と特に相性がいいハーブ。
全草に消化促進、鎮静作用などがあり、夏に咲く傘状の黄色い花の後に実る種子は、古くから薬用に使われてきた。この種子はディルシードと呼ばれ、スパイスとして料理にも利用する。種子のハーブティーは消化を助け、腸内のガスを減らすとされ、眠りを誘う作用も知られている。きゅうりに葉と花、種を加えて漬けたピクルスは、きゅうりのディル風味ピクルスとして親しまれている。

育て方ポイント

  • 種まき

    暖かい地方では秋まきに。秋まきにした方が収穫期間が長くなる。春まきにする場合は、2月の下旬ぐらいに、室内で発芽させると早く苗にすることができる。
    移植を嫌うので、プランターや鉢に直まきにして、間引きながら育てる。間引いた苗も利用できる。

  • 定植

    苗を買ってきた場合は、霜の心配がなくなったら、水はけの良い土に植える。
    背が高く育ち、倒れやすいので、20~30cmぐらいに育ったら、早めに支柱を立てる。
    乾燥を嫌うので、水切れをおこさないように気をつける。

  • 繁殖

    一年草なので、種子をまいて育てる。

  • 収穫

    セリ科のハーブは、内側から新芽が育つので、外側の葉から収穫していく。花芽がついてとう立ちすると葉が固くなる。また、種子を結ぶと枯れてしまうので、葉を利用したい間は、花芽を摘み続けるように。
    種子は、色づき始めたところで枝ごと切り取り、室内で追熟させながらしっかりと乾燥させる。種子の収穫は、晴れた日に。

特記事項

フェンネルのそばで育てると交雑しやすい。

ミント類

学名:Mentha spp. /分類:シソ科・ハッカ属 
高さ:草丈20~50cm/ 多年草/開花期:8月~9月
性質:耐寒性

すっきりとしたメントールの香りが特徴的なミント。葉と花のさわやかな香りと清涼感のある風味を生かし、料理や菓子のアクセント/ハーブティーなどに使われる。なかでもスペアミントはマイルドな味わいが好まれる。アップルミント、パイナップルミント、オーデコロンミント、ジンジャーミントなども人気。
品種によって葉の色や形、香りが多少異なるが、どの種類にも消化促進と腸内ガスを減らす作用があるとされる。さらにペパーミントには、殺菌・坑ウイルス・発汗作用があることが知られている。

育て方ポイント

  • 種まき

    種まきは可能だが、発芽して育った苗は香りに個体差が大きい。ミント同士は大変交雑しやすいため。苗を買ってきて育てるほうがいい。

  • 苗の定植

    強健なので、どんな土でも、半日陰でも良く育つが、反面はびこりやすいので、地植にする場合は、農業用ビニールなどで土中に深い仕切りをする必要がある。鉢植えで育てるか、鉢植えのまま土中に植えるなどの工夫が必要。

  • 繁殖

    水を入れたコップに挿しておくだけで、一週間ほどで発根する。発根したら土に植え替える。

  • 収穫と剪定

    ミントは枝先の新芽をデザートなどの飾りとして使うことが多いが、枝先だけを摘み続けると、草姿が乱れるだけでなく、枝が細く弱々しくなり、病気にもかかりやすくなる。収穫するときは株元5cmぐらいのところから切り取るように。すると、太い元気な枝が再生する。 枝葉が混み合って風通しが悪くなると、さび病などにかかりやすくなるので、剪定を兼ねて収穫し続けることが肝心。

  • 冬越し

    寒さに非常に強いので、冬越しは容易。一鉢、室内に取り込んでおけば、冬期もフレッシュな葉を使うことができる。

特記事項

こぼれ種が発芽した苗は交雑していることが多い。香りの良くないミントが生えていたら、抜き取る。