初めてのハーブ講座

side_ttl01

side_ttl02

ハーブガーデンの作り方

すてきな香り のハーブを組み合わせ、エントランス(入り口)ならではの、誘い込むような魅力的なアプローチを心がけて デザインしましょう。

エントランスガーデンの特徴と注意点

限られた土地をいかに効果的に演出するかが、エントランスガーデンをデザインする楽しみ。
スケッチを描いて、色鉛筆で塗ったりして、いろいろと工夫してみてください。

● 特長と留意点

植えられる場所が限られているので、日当たりなどを考慮して条件に合った植物を選ぶ。

なるべく多くの種類を植えたくなるが、玄関まわりをすっきりとした印象にするためには、花の色を数色に押さえる。

花がない時期でも寂しくならないように、常緑のものや、葉色を楽しむものも植え込む。

あまり背が高くなるものや、繁りすぎるものは暑苦しく見えがち。大きいハーブはアクセント程度に。

ハーブの選び方

エントランスに適したハーブを選んで植えましょう。
鉢植えを組み合わせて置くと季節ごとに移動して美しい状態を保てるので便利。

● エントランスガーデンに適したハーブ
    門のまわりには・・・
    • ・アクセントになる背の高い・・・ローズマリー(立性)フェンネル、チコリ。
    • ・花期の長い・・・チェリーセージ、ラベンダーセージ、メキシカンブッシュセージ、ボッグセージ、
      サルビア・ガラニティカなどの観賞用セージ
    • ・つる性の・・・ハニーサックル、つるバラ、ホップ
    軒下の部分には・・・
    • ・耐寒性の弱い・・・レモンバーベナ、センテッドゼラニウム類
    • ・多湿を嫌う・・・ラベンダー、ローズマリー、タイム、セージなどの地中海沿岸地方原産のハーブを。
      ただし、日当たりは必要。
    アプローチには・・・
    • ・丈が低く花や葉色の美しい・・・ラベンダー、セージ、タイム、サントリナ、レディースマントル、
      ラムズイヤー、ゴールデンオレガノ、トリコロールセージ、レモンマリーゴールド、ロシアンセージ、
      ルー、ミント、レモンバーム、チャイブ、ソープワート
    • ・一年草の・・・ジャーマンカモマイル、ボリジ、ポットマリーゴールド、ニゲラ、コーンフラワー
    敷石の周辺・・・

    はうように広がる・・・クリーピングタイム、ペニーロイヤルミント、カニングハムミント、ローマンカモマイル

    生け垣の周辺・・・

    常緑の・・・マートル、オリーブ、ニオイヒバ、ボックス、ユー、ツリージャーマンダー、ミモザアカシア

    アクセントに・・・

    個性的な・・・ムーレイン、チコリ、カルドン、アカンサス、バラ、タンジー、ヤロウ、オリス、マロウ
    ※スタンダード仕立ての(トピアリーのように形作った)ローズマリー、ハンギングのナスタチウム

    日当たりが良くない場所には・・・

    ミント、レモンバーム、コリアンダー、チャービル、ロケットなど。
    チャイブ、パセリ、ボリジ、ナスタチウム、ポットマリーゴールド、ジャーマンカモマイル、マジョラムなども可能

    ● エントランスガーデンに適さないハーブ

    どんなハーブでも基本的にはOKですが、ミントのようにはびこりやすいものは、あらかじめ土中に仕切をして植えるか、鉢植えにして 管理。ロケット、バジル、コリアンダーなど一年草の食用ハーブも、プランターなどで管理した方がいい。

植え込みと年間の管理

● 用土

土は普通のプランターや鉢栽培と同じだが、玄関まわりには園芸に適した土が入っていないので、なるべく深く耕して腐葉土、堆肥、バーミキュ ライト、川砂、などを漉き込むように。できれば、庭の両端が低くなるように土を盛ると排水がよくなります。

● 肥料

玄関まわりなので、あまり匂いの強くないものを使用した方がいいでしょう。

● 容器

容器栽培をする場合は、玄関の雰囲気に合わせて素焼き鉢など好みの容器を用意。

● 水やり

夏は朝夕の涼しい時間帯にたっぷりと水やりを。
※基本的な栽培方法は、《ハーブ園芸基礎講座》を参照してください。