納得のハーブ情報

ディルとフェンネルの違い

ディルとフェンネルの区別がつきません。見分けるポイントを教えてください。

ディルはセリ科イノンド属の一年草、フェンネルはセリ科ウイキョウ属の多年草。どちらも葉は料理用ハーブとして使われ、果実(種子)は、スパイスとして料理用と薬用に利用されます。魚に合うハーブとされているのも共通点です。
確かに遠くから見るとディルもフェンネルも羽のようなフサフサとした葉で、花も黄色の傘状。一見似ていて区別がつきませんね。以下、分かりやすい違いを挙げますので、ご参考にしてください。

・姿の違い
近くに寄って見てみますと、ディルは葉の切れ込みが少し浅く、柔らかく色は青みがかった緑です。一方フェンネルの葉はディルよりも細くて硬く、密な羽状になっています。色は鮮やかな緑から黄緑色です。草丈は、フェンネルが1m〜2m程に育つのに対し、ディルは、50cm〜1m程度と少し小さめです。

・香りと味の違い ディルとフェンネルが決定的に違うのは、茎葉と種子(果実)の香りと風味の違いです。ディルの香りの主成分はカルボンなのに対し、フェンネルはアネトールという成分です。したがって風味もかなり違います。
ディルの種には独特の爽やかな香りとほのかな辛味(刺激)を感じます。一方フェンネルの種には甘みとリコリスのような芳香があります。両種の葉と花は、種子の香味をやわらかくしたような香りと味わいです。

ディルと相性のいい食材

ディルの香りには少しクセがあるように感じますが、どんな食材と合わせたらいいでしょうか。

確かにディルの香りは独特ですね。でも一度その美味しさを知ると、ディルなしでは物足りないと感じる組み合わせもありますよ。以前にとっておきのハーブ生活で紹介したものもあります。こちらもご覧ください。

一番有名なのが、スカンジナビア料理でおなじみの、スモークサーモンとディルの葉の組み合わせです。サーモンのソテーやフライにもディルを使ったソースが使われます。他にも魚料理全般に合います。
それからもう一つの定番は、ディルの種と葉(花の蕾も使われます)を用いたピクルス。特にきゅうりのディルピクルスが有名です。
他にはこんな組み合わせがおすすめです。

*ディル×卵料理・・・ディルと卵のかきたまスープは簡単でおいしいです。オムレツも◎
レシピはこちら

*ディル×じゃがいも料理・・・ポテトサラダにディルを混ぜる/粉ふきいもにディルとサワークリームを混ぜた付け合わせはいかがでしょう。

*ディル×ミートボール・・・中近東でもディルはよく使われます。トルコ料理のディル風味のミートボールはとてもおいしいです。
レシピはこちら

ディルとハムのかき玉スープ

ディル×じゃがいも料理

中近東風ミートボール

ディルの種の収穫方法

ディルの種ができかけています。いつ収穫したらベストでしょうか。乾燥させ方も教えてください。

ディルの種は色づき始めた頃に収穫するのがベストです。種がついた茎ごとカットし、紙袋に逆さまに入れて室内で1〜2週間追熟させつつ乾燥させます。カリカリと完全に乾いたら、乾燥剤を入れたガラス瓶に入れて冷蔵庫または涼しい場所で保存しましょう。

種がついた茎をカット

紙袋に逆さまに入れる

テープで止める

室内で1〜2週間追熟させつつ乾燥させる

ディルシードの利用法

収穫したディルシードを料理に使いたいと思っています。何がおすすめでしょうか?

ディルシードを初めて料理に使うなら、まずは定番ディルピクルスを作ってみませんか。

おいしいディルピクルスを作るには、2~3日味をなじませない と・・・というのが今までの常識。ところが、薄切りにしてさっとゆでた野菜の「即席ディルピクルス」なら、作ったその時からおいしいので画期的。
酸味も少ないのでサラダ感覚でもりもり食べられるピクルスです。消化を助けるディルシードが入ったピクルスは、食事の箸休めに最適です。

レシピはこちらをご覧ください。

ディルのお酒

ディルを使ったリキュールはありますか?
ディルは消化を助けるので、食後酒に飲むといいかと考えています。

ディルは、ペルノーなどハーブやスパイス類を用いて造られるリキュールに配合されていますが、中でも有名なものは、「アクアビット」と呼ばれる蒸留酒です。アクアビットの香りに欠かせないのが、一般的にディルとキャラウェイとされています。

*デンマーク大使館の公式Facebookページに、ディルで香りをつけたアクアビットに関する投稿がありました。
引用元:https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=443202679049594&id=247647068605157

・アクアビットを飲む
デンマークでは、クリスマスに「スナップス」と呼ばれるアクアビットを飲む習慣があります。アクアビットとは、風味づけをした伝統的な蒸留酒で、アルコール度数約40度の強いお酒です。風味づけには様々なスパイスやハーブが使われますが、キャラウェイとディルが最も一般的です。
アクアビットは年間を通じて飲まれますが、クリスマスシーズンには特に人気が高まります。アクアビットの高いアルコール分と強い風味が、寒い冬に暖かな喜びを感じさせてくれるのです。