ミセスメリッサのファミリーハーブ

壁にハーブでメッセージ ウォールペーパー

材料

・ハーブなどの小枝

・・・いろいろな種類を用意

・マスキングテープ

・・・数種類

・ 模造紙

・・・白でもカラータイプでも。クラフト紙でもいい。

・壁に留め付けるピン

・・・必要数

・キッチンペーパー

・・・適当量

作り方

  • ハーブや他の植物の小枝を用意し、適当な長さに切って水揚げしておく。

    *柔らかい大きい葉のついている植物は、しおれると目立つので難しい。
    バラなどの大きな花は特にしっかりと貼りつける。

    しおれにくいハーブ:ローズマリー、タイム、セージ、ローレル、チャイブの花、ラベンダー、センテッドゼラニウムなど

    しおれやすいが使えるハーブ:ミント、レモンバーム、パセリ、バジル、フェンネルやディルの花など

    適さないハーブ:チャービル、パクチー、ナスタチウムの花など
  • 模造紙にマスキングテープで、枝を貼りつける。枝についている水分をキッチンペーパーなどでとってからつける。ここで枝の長さも調節する。
    メッセージウォールにする場合は、枝を付ける前に耐水性のペンで文字を書く。
    *枝の上部と下部2カ所をテープで貼るのが重要!しおれてきたときに、だらっとしてしまうので。
  • できあがった模造紙を壁にピンで留める。

ワンポイント

  • ピンとしているのは約1時間ぐらいで、もっと早くしおれてしまうこともあります。
    カラフルなマスキングテープで貼付けて、しおれても気にしない!のが一番。
  • それでも気になる場合は、水揚げしたそれぞれの枝の切り口を薄くはがした化粧用コットンを水で湿らせたもので包み、ワックスペーパーなどでカバーしてからマスキングテープでくくるように留めます。それをまたマスキングテープで紙に取り付ければOK! 手間はかかりますが、数時間はピンとしているはず。

材料

・ハーブなどの小枝

・・・いろいろな種類を用意

・太めのひも

・・・ドアに渡せる長さ

・麻ひもやリボン

・・・ハーブのブーケをひもに結びつける

・ワイヤーまたは輪ゴム

・・・ブーケをまとめる

・押しピン

・・・ひもを留める

スパイス ハーブS&Bでも取り扱っています。

ワンポイント

作り方

  • ハーブや花で小さなブーケを5個ほど作る。1種類ずつ束ねてもいいし、数種類を一緒に束ねてもいい。輪ゴムやワイヤーでしっかりとくくる。ドアに2本渡す場合は10個用意する。
  • 太めのひもに、麻ひもやリボンを使ってブーケをバランスよく結びつける。
  • ドアの外枠に、2のひもを渡して、押しピンなどでしっかりと留めつける。ひもを渡す位置は、ドアの上部でも途中でもいいが、頭に当たらない高さにする。

ワンポイント

  • ブーケにするハーブや花は、ドライになった後、散って落ちてこないタイプのものを選びましょう。
  • ブーケが重い束になると、ロープが落ちやすくなるので、軽い束を作って付けます。